首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

アパートのオーナー様が売却を検討された場合も、当社にお任せください。
当社は、過去にアパートのような集合住宅の売却も数多くお手伝いさせていただいております。
その実績と培ったノウハウをもとに、有効な情報をご提供させていただいております。

東急リバブルがアパートの売却に強い3つの理由

  1. 豊富なアパート売却の
    実績

    当社はこれまで数多くのアパート売却に携わってまいりました。それらの実績や周辺の相場情報・販売事例を参考に、売主様にとって最適な売却プランのご提案が可能です。

  2. 全国から購入希望者を探すことのできるネットワーク

    買主様候補は多ければ多いほど有利になるのは当然です。全国のリバブルネットワークを活かして、購入希望者を全国でお探しすることが可能です。

  3. 売却初心者のお客様にもわかりやすい売却ノウハウをご提供

    当社では初めてのお客様でもご満足いただけるような、サポートノウハウを持ち合わせております。

アパート売却のよくあるご質問

アパートに入居者がいるのですが売却はできますか?

はい、アパートに入居者がいる場合でも売却は可能です。賃貸借条件を引き継ぐことを条件として販売活動をさせていただきます。もちろん、売却後に他のオーナー様に変更された場合でも引き続きお住みいただくことになります。

アパート経営に関するご相談も、東急リバブルにお任せください。

不動産売却時の媒介契約の種類を教えてください

媒介契約には、専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類があります。専属専任媒介契約、専任媒介契約を締結した場合は、他の不動産会社へ販売活動を依頼することができません。どのタイプが適しているか、営業担当者へご相談ください。
媒介契約について、詳しくは「ご売却の手引き」を参照ください。

売却するために必要な手続きを教えてください

所有されているアパートの売却を東急リバブルにご依頼いただく際は、国土交通省が定めた標準媒介契約約款に基づき、売り出し価格・売却活動期間などを記載した媒介契約を、お客様と東急リバブルとの間で締結させていただきます。

また、売主様が知っているご売却不動産の状況や買主様に引渡す設備の状態等について「物件状況等報告書」と「設備表」にご記入いただきます。なお、売主様ご本人様であることを確認するため、権利証または登記識別情報通知書の確認をさせていただき、本人確認手続きを取らせていただくことになります。

これをもって媒介契約の締結となり、今度は売却するための販売活動がスタートします。この販売活動では、東急リバブルのホームページや、チラシなどを駆使して購入希望者を広く募っていきます。ただし、売却することを周りに知られたくないという売主様に関しては、店舗へ来店した購入希望者へ直接ご案内したり、予め当社の物件紹介システムに登録されている購入希望者へダイレクトにメールで情報をお伝えしたりするなど秘密厳守で販売活動をさせていただきます。

東急リバブルではスムーズな売却のために、手続きは滞りなく進め、最善の方法で取り組んでまいります。

売却の際、代理人でも手続きはできますか?

はい。代理人でも手続きは可能です。ただし委任状や印鑑証明書などの書類が必要となりますので、詳しくはご相談ください。

アパート売却時にかかる費用を教えてください
どのように決まるの?

主なところでは、仲介手数料や抵当権の抹消費用、契約書に貼付する印紙税などがございます。また売却によって譲渡益が発生する際は、所得税等がかかる場合がございます。

詳細は「住まいの税金-印紙税とは」「住まいの税金-譲渡所得の基本的計算とは」をご参照ください。

アパートの売却で失敗しないために

アパートの売却を検討する際には、各部屋が入居中の場合も多く、権利関係の移転などオーナーチェンジについても考えていかなければいけないこともあります。このため、アパートの売却は専門的な知識がないとなかなか難しい売却のひとつです。

そんなオーナー様のために、疑問点や不安が少しでも解消できるよう、当社ではアパートの売却について今まで培った経験をもとに、多くの情報をホームページ上で公開させていただいております。是非本サイトにてアパート売却について情報収集を行ってみてください。また、ご相談も随時承っております。

アパートの売却相談_イメージ