査定について知りたい

マンション売却時の契約について

売主様・買主様ともに条件が合致したら、契約に入ります。売買契約締結にあたっては宅地建物取引主任者から重要事項説明を受けることになりますが、その際わからないこと、質問しておきたいことはそのままにせず、きちんと納得した上で、ご署名・ご捺印をするようにしてください。マンション売却時に売買契約をするということは、大きなお金が動きます。引渡し後に「こんなこと知らなかった」ということになって困ることがないように、重要事項説明はしっかりと受けるようにしましょう。

売買契約の締結について

重要事項説明には、登記簿上の権利関係、建物にまつわる法的制限、代金の支払い方法、契約解除時の規定などが記されています。重要事項説明を受けて、売買契約が成立したら売主様には所有権の譲渡や引渡しの義務が発生するのですが、その義務を怠った場合は契約が解除となり違約金等が生じてしまいますので、十分に注意するようにしましょう。

重要事項説明を受けてご署名・ご捺印が済んだら売買契約締結となります。ここで手付金のやりとりが発生するのですが、手付金とは売買契約締結の際に売買代金とは別に買主様から売主様に支払われるものです。手付金に関しての詳細は売主様と買主様の合意によって決定されます。手付金は実務上の手間を省くために、売買代金の一部として充当する手続きを取ります。

売主様が売買契約する際に用意するものとしては、買主様に提示するための登記済証または登記識別情報、所有しているマンションの管理規約等、印鑑証明書(3ヶ月以内のもの1通)、実印、固定資産税納付書、印紙代(売買代金によって異なる)、仲介手数料の半金、本人確認書類などがあります。

引渡しまでトータルでサポートいたします

せっかく売買契約が成立しても、やむをえない事情で契約解除になってしまった場合は、売買契約書に記載された手付解除の条項により、買主様が売買契約の解除を申し出た場合は買主様の手付金放棄、売主様が売買契約の解除を申し出た場合は売主様の手付金倍返しによって成立します。

このようにマンション売却は、様々なステップを経て契約、引渡しとなります。ただ、不動産を個人で売買するとなると、専門的知識が必要な部分が多くありスムーズにいかないことも出てきてしまいます。マンションの売却を検討される場合は、販売活動から契約、引渡しまでトータルでサポートさせていただきます。是非東急リバブルまでご相談ください。経験豊富なスタッフが全力で対応いたします。

マンション売却時の契約について、もっと知る

査定について知りたい

売却について知りたい

無料査定
その他のご相談
page top