査定について知りたい

土地を売却する際の手順

「急な相続で土地を売却することになった」「駐車場に使っていた空き地を売却したい」など土地売却の動機はお客様それぞれです。
ここでは土地売却の際の手順を説明していきます。

土地の査定をする前に、相場など事前の情報収集を_イメージ

事前の情報収集が安心を生む

土地などの不動産を売却する場合、やはり気になるのはどのくらいの値段で売ることができるのか?ということ。まずはインターネットの不動産サイトで同等の条件の土地を検索して価格を把握したり、インターネットの査定シミュレーションなどを使って相場を確かめてみたりするという方法があります。日頃から、物件検索をして物件情報をみる習慣をつけておくと、自然と相場感が身につくかもしれません。

ある程度下調べが終わったら次は不動産会社に相談してみましょう。ここで査定をしてもらうことになりますが、査定は無料で行ってもらえるので安心して相談してください。土地の場合はマンションや一戸建て以上に、インターネット上の査定だけでは測れない部分が多くあります。立地や交通の利便性などだけではなく、土地の形状なども査定の重要なポイントとなりますが、的確な販売価格が知りたいのであれば、やはり不動産会社に依頼することが賢明といえます。

複雑な売却手順を教えてもらいましょう

売却の意思が決まったら、次の手順として媒介契約を締結することになります。媒介契約にはいくつか種類がありますが、専属専任媒介契約の場合は、複数の宅建業者に依頼することはできませんが、その分販売活動をこまめに報告する義務が不動産会社に発生するなど、積極的な販売活動が期待できます。

一方、一般媒介の場合、販売活動の報告義務は発生しませんが、複数の宅建業者に依頼が可能なため、競争意識を持たせることができます。売主様がどのような方向で売却を行いたいかによって媒介契約の選択も変わってくると思うので、不動産会社とよく相談して決めるとよいでしょう。

こうして販売活動が順調に進み、買主様が決まったらいよいよ売買契約の締結です。宅地建物主任者から重要事項説明を受けて納得したうえで署名・捺印をします。重要事項説明は量も多く、専門用語も多用されるためわからない点も多いと思いますわからない点はその場で必ず確認するようにしましょう。契約が無事締結となったら、登記の変更などの手続きを経て引き渡しとなります。

このような手順をふんで売却に至ることになりますが、東急リバブルではトータルでサポートさせていただきます。まずはご相談だけでも構いませんので是非お気軽にご相談ください。
土地売却のご相談は、東急リバブルへ

専属専任媒介契約の場合と一般媒介の場合_イメージ

査定について知りたい

売却について知りたい

無料査定
その他のご相談
page top