首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

査定について知りたい

マンション売却引渡し時の手続きについて

マンション売却において売買契約も無事終了、引っ越し前の各準備、物件の最終確認まで終えたらいよいよ最後のステップです。残代金を受取り、物件の引渡しを行います。初めてのお客様ではわからないことも多いものです。不動産会社のサポートを受けることが、スムーズにマンション売却を進めるコツになります。以下にまとめたポイントは大事な事ですのでご自分でもしっかりと押さえておきましょう。

売却までの流れを確認しましょう

まずは登記申請書類の確認をします。司法書士に関係書類を渡し、登録申請を依頼します。例えば登記簿と実際の住所が異なるなど登記書類に不備があった場合、指定した期日に所有権移転登記ができなくなる可能性もありますので、予めしっかりと確認する必要があります。各手続きに支障がでないように、スケジュールもしっかり把握しておきましょう。そして買主様から残代金を受け取ったら、売主様は領収書を発行し買主様へ渡します。続いて行う手続きは公租公課(固定資産税や都市計画税)等の清算です。引渡し日以降、固定資産税などは、買主様が日割りで負担することになりますので清算した金額を売主様は買主様より受け取ります。

関係書類として、管理規約・パンフレット・付帯設備の保証書・取扱い説明書等がありますが、売主様は買主様にこれらを引渡します。関係書類は売主様が用意することになりますので、不動産会社に確認しながら事前に準備しておくようにしましょう。ここまでの手続きが終わったら買主様に鍵を渡し、その際の確認として「売買物件引渡完了確認証」にご署名・ご捺印いただきます。最後に仲介手数料(残額)などの諸費用を支払い、マンション売却の手続きは終了となります。

スケジュール管理もお任せください

基本的に登記手続きは司法書士に委任することとなりますが、ご自分で用意するものなどもあるので、不備がないように予め不動産会社に相談・確認しながら進めていきましょう。

この他、抵当権抹消の手続きなどもあります。売却するマンションに抵当権(銀行からお金を借りて住宅ローンを組んだときに、不動産を担保として確保しておくもの)が設定されている場合は、住宅ローンを組んでいる金融機関と、ローンの全額返済と抵当権抹消のための手続きをします。この手続きは引渡しのスケジュールと調整しておくことが重要です。手続きはどれが欠けても引渡日に支障がでることとなりますので、事前の確認と準備は怠らないようにしておきましょう。もちろん東急リバブルと媒介契約を締結しお任せ頂ければこの一連の手続きもスケジュール管理から手続きの全てをサポートさせていただきますのでご安心ください。

「売りはじめ」から「売っているあいだ」、「売れたあと」までの様々な心配にお応えします。「マンション売却プレミアムサポート

査定について知りたい

売却について知りたい