投資用

  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

ビル購入(ビル一棟)

全国に広がるリバブルネットワークにより、多数の物件を掲載中
投資用不動産のご購入・ご売却は東急リバブルにお任せ下さい

ビル購入について

近年、都心のオフィスビルを売却する企業が増えています。その一方でこれらのオフィスビルを個人で購入するケースが年々増えてきているようです。その理由としては、個人でも購入しやすい価格帯の物件もあること。また第三者に貸すことで、賃料収入(インカムゲイン)が得られるというメリットがあるからです。

ビル購入時に知っておきたいポイントとしては、最近の不動産マーケットにおけるネット利回りを指標に購入を検討するのが良いとされています。ネット利回りとは、年間賃料収入から一般経費を差し引いた収入を購入金額で割った利回りのこと。
また平均賃料を把握しておくことも大切です。購入物件の仕様、近隣の相場などを見て、現在のテナントの賃料が適正であるかをきちんと見極めることが重要です。もし仮に近隣よりも高い賃料だった場合は、いずれは賃料を下げてテナントを確保しなければいけないことも考慮して物件購入を判断します。

ビル購入の一番のメリットは賃料収入が得られることです。オフィスビルのテナントは長期にわたり賃貸する企業が多く、毎月の安定した収入が継続して手元に入ってきます。公的年金だけでは老後の生活が不安だという人たちに、こうした賃貸経営は生活資金の確保として注目を集めています。節税という点において、不動産投資の場合、土地は減価償却の対象にはなりませんが賃貸経営による不動産所得の場合はそれが認められています。減価償却は、毎年の経費に計上するもので、確定申告で所得税を低減することができるのです。さらに不動産は固定資産税評価額が低く、相続税の節税効果もあります。ビル購入時に銀行ローンを利用すると団体信用生命保険に加入しますが、オーナーに万一のことがあって債務を履行できない場合はローンの残額は生命保険によって支払われ、ビルは家族が所有することができるなど確実な収入源となります。

デメリットとしては、空室や滞納により毎月の収入が得られなくなることです。経年劣化による修繕費のコスト、お金が必要になっても預貯金や株券のようにすぐに換金ができません。それでも換金を急ぐ場合は相場よりも安く売却することになるでしょう。

マンション / アパート / 一戸建ての賃貸経営をサポート

東急リバブルでは、賃貸物件を経営されているオーナー様のほか、マンションや一戸建てなどの持ち家および投資用物件を貸したいとお考えのオーナー様に向けた各種サポートサービスをご用意しております。
入居者募集から入居後の賃貸管理サービスまで、「貸したい方」と「借りたい方」をつなぐ総合的なサポートで、貸主様の様々なご要望にお応えいたします。

不動産の賃貸経営をご検討の方はこちら

投資用不動産の査定を無料で承ります。

無料査定

地域に精通した不動産のプロがお客様のご要望にお応えいたします。

お問合わせ

※予定利回り(年)=年間予定賃料収入/取得対価×100(年間予定賃料収入は満室時におけるものです。)

※「予定利回り」は、公租公課その他当該物件を維持するために必要な費用の控除前のものです。

※当社は年間予定賃料収入が確実に得られることを保証するものではありません。

※首都圏は 東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城エリアを指します。

※関西棟は 関西、名古屋、札幌、仙台、福岡エリアを指します。