首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

査定について知りたい

机上査定と訪問査定の違いについて

「子どもが生まれたので、もう少し部屋数の多い家に引越したい」、「高齢の夫婦だけになったので買い物施設や病院、駅に近い利便性の高いマンションを探すことにした」などのライフステージの変化で所有されている不動産の売却を検討されている場合、やはり気になるのは、どうやって進めていけばよいのか?どのくらいの価格で売却できるのか?という点だと思います。
不動産の売却を進める場合、まずは売却をする理由や動機を明確にしておくことが大切です。そうすることによって、売却する時期や売却後の住まいについても具体的に見えてくるようになります。そして、ご家族で意見がまとまったら、不動産会社へ相談し実際に査定をすることになりますが、査定には「机上(簡易)査定」と「訪問査定」という大きく2つの方法があります。

机上査定と訪問査定の特徴

机上査定とは、実際に不動産を見ずに、概要とデータをもとに簡易的に査定する方法です。まだ売却の検討段階であったり、おおよその査定価格だけをすぐに知りたいといったお客様に向いている方法ともいえます。簡易的とはいえ、多くの取引事例や相場をもとに算出しますので、ある程度の妥当性はあると言えます。

一方、訪問査定とは、机上査定で使用した書類やデータを使用するのに加え、現地の状況も加味した上で査定価格を算出する方法です。実際に現地を訪れてみないと分からない室内の状態や近隣の状況といった、机上ではわからなかった情報も盛り込んだ状態で査定をするので、より適正な査定価格が算出されると考えていいでしょう。具体的にご売却を検討しているお客様には、訪問査定をおすすめいたします。不動産会社と媒介契約を結んで販売活動に入るために売出し価格を決める際の参考となる査定価格となります。

不動産の売却を決めた場合は訪問査定を

このように算出方法が異なってくるため、机上査定と訪問査定では査定価格にも差が出てくることがあります。机上査定はあくまでも目安になりますので、具体的に売却を進められる場合は、不動産会社に依頼して訪問査定を行ってもらうことが必要です。東急リバブルでは、経験や知識が豊富な営業担当者がお客様が売却される一戸建てやマンションへ赴き、査定をさせていただきます。

売却の際の様々なご希望にお応えするためのサービスも各種ご用意しておりますので、お気軽にご相談ください。

査定について知りたい

売却について知りたい

お客様の声
CONTACT

お気軽に
ご相談ください

山口 智充さん

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。