首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

不動産売却の流れについて順を追って説明していきます。
売却する前に大体の流れを把握してスケジュールを立てるとよいでしょう。

わかりやすい!不動産売却の流れ

  1. 売却のご相談

    ご売却の条件をお伺いいたします。売却時の諸経費や当社の売却サービスについてお伝えいたします。

    不動産売却の基本的な流れや、売主様が疑問に感じていること、また売却のご希望条件などをお伝えいただければと思います。経験豊富な東急リバブルの営業担当者がお話しを伺わせていただきます。その際、ご希望にそえるご提案ができるように、より具体的な内容でお伝えいただければと思います。
  2. ご売却物件の調査、査定

    ご売却物件の調査、査定を行い、お客様の状況にあった売出価格や売却方法をご提案いたします。

    登記上の物件概要はもちろんのこと、周辺環境や実際にご売却される物件の外観や内観を東急リバブルの営業担当者が拝見させていただき、調査・査定を行います。
  3. 媒介契約の締結

    売却をご決断されたら、媒介契約を締結します。物件状況等報告書、設備表に売却不動産や引渡す設備の状況をご記入いただきます。

    媒介契約には専属専任媒介契約・専任媒介契約・一般媒介契約の3種類があります。例えば、専属専任媒介契約と専任媒介契約を締結した場合は他の不動産会社に売却依頼ができないなど、それぞれで特徴が異なります。どの媒介契約が適しているのかといった点も東急リバブルではご提案させていただきます。
  4. ご売却物件の販売活動

    積極的に販売活動を行います。全国に広がるリバブルネットワークを駆使して、購入希望者をご紹介いたします。

    東急リバブルのホームページへの掲載、会員システム「Myリバブル」により、新着物件情報を購入希望者にメールで毎日配信、また約68,000社の不動産会社のネッワークである指定流通機構(レインズ)でも購入希望者を募っていきます。その他、新聞の折込チラシなども活用していきます。
  5. 売買契約の締結

    宅地建物取引主任者が重要事項の説明を行い、売買契約の締結をいたします。また、契約書へのご署名・ご捺印、手付金の授受を行います。

    重要事項説明は東急リバブルの宅地建物取引主任者によって行われます。登記簿上の権利関係、建物にまつわる法的制限、代金の支払い方法、契約解除時の規定などが説明されますが、内容を把握せず、あとで知らなかったと困ることがないように、疑問に思ったことはその場で必ず確認するようにしましょう。
  6. 残代金授受、引渡し

    物件の最終確認を行ったあと、残代金の授受、物件の引渡しとなります。

    銀行へ行って売主様の指定する口座へ送金し、売主様が入金を確認したら、残代金授受の成立です。また、お金を支払ったからといってスーパーに売られている商品のように手渡しをすることができませんので、マンションや一戸建ての場合は鍵を渡すことによって引渡しということになります。

不動産売却の進め方ってどんなものなの?

所有されている不動産を売却することになった場合、実際どんな進め方がよいのか分からないお客様も多くいらっしゃると思います。
売却するということは、新たな所有者にご自分の不動産が手に渡るということ。
室内が今のままでは購入希望者は出てこないのではないか?こんな古い一戸建てに買い手はつくのだろうか?など不安も多いことでしょう。

不動産売却の進め方とは

実際の進め方としてまず大切なのは、不動産売却の目的をはっきりとさせることです。今売却の必要があるのであれば、売れないのではないかと悩むのではなく、売却をすることを目的に行動を起こさなくてはなりません。また、売却後のお住まいについても考えておく必要があります。こうして不動産売却の目的が明確になったところで、不動産会社に、進め方や不安な点を相談したり実際に査定をしてもらったりしましょう。ご自分ではこんな古い家が売れるのだろうかと不安を抱えていたとしても、売主様のエリアで一戸建ての売り物件が出てくることを待っている購入希望者がいる可能性もあります。

東急リバブルでは媒介契約を締結した後、売却がスムーズに進むように、販売活動を積極的に行わせていただきます。営業担当者は地域の市場動向にも精通しているため、地域性や周辺エリアのニーズを踏まえながら、的確な販売活動によって売主様の不動産に興味を持たれた購入希望者をご紹介いたします。販売活動も定期的にご報告させていただきますので、安心してお任せください。

まだ居住中の場合は、事前にご連絡をさせて頂いた上で見学をさせていただくことになります。この際は、売主様にはご協力いただくことになりますが、この機会に購入希望者のお客様には、住んだ人だからわかるメリットやデメリットなどもお話しください。そうすることによって、購入希望者もより具体的に購入を検討しやすくなります。

手間のかかる手続き等も東急リバブルにおまかせ

こうした販売活動や現地見学を通じて、売主様と買主様との条件が合致したら売買契約を結ぶことになります。当社の宅地建物取引主任者が重要事項説明をさせていただきますので、疑問点などがある場合はここでしっかりと確認するようにしましょう。売買契約が成立すれば、売主様には所有権移転、引渡しなどの義務が発生し、買主様には売買代金の支払い義務が発生します。

この義務を怠ると契約が解除になり、手付金の放棄や違約金の支払い等が必要になる場合があるので、納得・理解の上、契約をすることが大切です。なお、手続きなどは東急リバブルが全力でサポートさせていただきます。スケジュールも遅延のないように進めさせていただきます。

不動産売却の流れで気をつけること

不動産売却が初めての場合、初めてのことに対する不安から、なかなか行動に移せないといったお客様も多いかとは思いますが、不動産の売却にはいくつかのステップがあり、ある程度の期間も要することになります。売却期限を決めているお客様は時期を逃さないためにも、”早めに不動産会社へ相談をするということが気をつけなければいけないポイントです。

流れとしては、相談・査定を経て売却の意志が固まったら媒介契約を締結します。そして、販売活動を通して買主様が決定したら、売買契約締結、残代金授受・引渡しとなります。おおまかな流れはご自分でご理解いただくことになりますが、スケジュール管理や手続きで気をつけなければならない点などは東急リバブルでサポートさせていただきますので、ご安心してお任せください。