Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

リディアス for シニア リディアス for シニア

ご自宅の売却からお住み替え先の
ご紹介、介護・資金のことまで
します!

リバブルシニアの住みかえサロン

相談して良かった!
の声ぞくぞく!

その秘密は、できることです!

住まいも

自宅売却のご相談から、住み替え先のご紹介までをシニア専門のスタッフがご対応いたします。

住み替え先紹介例

  • ★新築中古分譲マンション
  • ★シニア向け分譲・賃貸マンション
  • ★サービス付きシニア向け住宅
  • ★住宅型有料老人ホーム
  • ★介護付有料老人ホーム・・等

介護も

介護支援専門員(ケアマネジャー)が、個々に異なる現在または将来必要となる介護サービスから住み替え先やそのタイミングをご提案いたします。

介護相談例

  • ★介護状況に適した施設の選び方
  • ★認知症のご家族の住み替え方法
  • ★在宅介護プランのセカンドオピニオン
  • ★在宅から施設介護の移行方法・・等

資金も

住み替えにあたり、人生100年時代を安心して暮らすための必要資金を、今後の年金収入の変化や各種イベント予測をもとに当社提携FPがプランニング。見える化した「資金計画書」としてご提案いたします。

FP相談例

  • ★世帯人数の変化による年金受給額の変動予測
  • ★住み替えによる支出と生活資金の変動予測・・等

ご自宅の売却からお住み替え先の
ご紹介までトータルサポート

何かと複雑で、分からないことが
多いシニアのお住み替え。
リバブルなら、「住まい」だけではなく、
「介護」のことも、「資金」のことも、
全部まとめてプロの専門スタッフに
ご相談できます!

ご相談事例

まるごと相談で期待以上の答えを!
ご相談事例をご紹介します。

おかげさまで駅に近くなり、坂道や家の階段も気にしなくて良くなりました。自宅の売却も不安でしたが、全てお任せできたので助かりました。

(60代夫婦)

(60代夫婦)

  • ご相談例1
  • 60代ご夫婦からのご相談
  • 健康状態:健康

「長いこと住み慣れた我が家でしたが、 最近、周辺の坂道や家の階段がつらくなってきました。」というご相談をいただいたのは、60代ご夫婦でした。
「シニア住宅を紹介して欲しい」というご要望でしたが、まだまだ健康なお二人。お住み替え先によって異なる費用や暮らしのスタイルをご説明し、シニア住宅以外の選択肢も含めて様々なケースをご提案させていただきました。
その結果、お二人は駅近のマンションへのお住み替えをご選択。
「おかげさまで駅に近くなり、坂道や家の階段も気にしなくて良くなりました。自宅の売却も不安でしたが、全てお任せできたので助かりました。」というお言葉を頂戴しました。

子どもがいないので先のことが心配でしたが、そんな不安を解消できる住まいを見つけてくれました。
不用品処分も手伝ってもらえて本当に良かったです。

Bさん

(70代女性)

  • ご相談例2
  • 70代単身女性からのご相談
  • 健康状態:健康

「よく体調を崩すようになり、1人で家に住むことに不安を感じるようになった。」とご相談を寄せられたのは、70代単身女性でした。
お客様からは、「施設に入るのはまだ早いけれど、困ったときには助けてもらえるような住宅はないかしら」というご要望。そこでまずは、お住み替えで思い描かれているご希望の暮らしと現在の生活でお困りのことなどをじっくりと伺いました。「介護は必要ないし、自由な暮らしをしたい」「施設はまだ早いけど困ったときには助けて欲しい」といったご要望のほか、いざというときに頼れる子どもや親族がいないことも分かりました。
また、住み替え資金となるご自宅を査定し、売却後に手元に残る金額を算出。
そのほかの自己資金と合わせてこの先の住まいにかけられる費用を試算いたしました。
その後、ご予算にあわせてシニア向けマンションや自立型シニア住宅といった見守りサービスのある住まいをメリット、デメリットとあわせてご提案。
最終的に資金を有効活用し、理想の暮らしを実現できそうなシニア向け賃貸マンションへのお住み替えをご選択されました。
「自分で探したらこんな素敵な住まいを見つけることはできなかった。家の売却や不用品処分などもお手伝いくださって感謝しています。」と喜んでいただきました。

妻が要介護状態なので自立型シニア住宅は諦めていましたが、希望に合う住まいを親身に探してもらえました。
自宅の売却から介護の相談もできて感謝しています。

(80代男性)

(80代男性)

  • ご相談例3
  • 80代夫婦からのご相談
  • 健康状態:自立・要介護1

「妻が要介護状態となってしまい、自宅での生活が厳しくなってきた。妻の介護サービスは受けたいが、自分は介護の必要がないため、介護施設にはまだ住みたくないと思っている。2人で快適に住めるような住まいはないか。」とサロンにお越しになったのは、80代ご夫婦のご主人様。
一般的に要介護状態のお客様は、自立型シニア住宅への入居は難しいとされています。
そこで、自立型でも介護事業所が併設されており、このようなケースでもご入居可能なシニア住宅をご紹介いたしました。
また、介護が必要な奥様には、併設の介護事業所との連携など、ご入居後のケア体制をケアマネジャーより説明することでご安心いただき、さらに入居費用など今後の資金についてはご自宅の売却をご提案いたしました。
ご主人様からは「妻の状態では自立型に一緒に入居するのは難しいと諦めていたが、相談して本当に良かった。自宅の売却から介護のことまで相談できて感謝しています。」とのお言葉を頂戴いたしました。

施設に馴染めるか不安で、当面は自宅の売却をせずに住み替えたいという僕の希望にあったご提案をしていただきました。

(80代男性)

(80代男性)

  • ご相談例4
  • 80代単身男性
  • 健康状態:要介護2

80代単身男性のお客様からは、「訪問介護は受けていたが、1人のときに室内で転倒し、7時間も発見されず命の危険を感じたので、安心な介護住宅を紹介してほしい。」というご相談をいただきました。
また、「すぐに施設になじめるか不安。拠り所としてしばらくの間自宅は残しておきたい」とのご要望もあり、日常的介護が可能な介護型シニア住宅のうち、入居時に高額な費用を支払う必要がない住宅をいくつかご紹介。
現地のご見学にも同行させていただきました。
「一人では気に入るような施設探しや見学は到底できなかった。
また、新居に落ち着いてから自宅の売却を考えることができ、全てにおいて自分の要望を満たしてくれました」とお褒めの言葉をいただきました。

複雑なシニア住宅の種類やサービスの違いを丁寧に教えてくださり、施設への入居を嫌がっていた母も気に入る住宅に出会うことができました。

(40代女性)

(40代女性)

  • ご相談例1
  • 40代女性からのご相談
  • 健康状態:70代母/健康

40代女性のお客様からは「膝が悪い母が安心して暮らせる見守りサービスのある住まいを紹介してほしい」というご相談をいただきました。
まだ介護が必要なほどではないものの、歩行に不安があることから、「介護相談」も同時にご利用いただき、将来想定される介護予防対策などど併せて様々な施設をご紹介いたしました。
また、ご自宅は手放したくないというご要望から、賃貸活用をご提案。
その結果、施設らしさを感じさせないけれど、将来は介護サービスも受けることが出来る自立型シニア住宅へのお住み替えをご選択。
「複雑なシニア住宅の種類やサービスの違いを丁寧に教えてくださり、介護相談も利用することで、もともと施設への入居を嫌がっていた母も気に入る住宅に出会うことができました。
また、自宅を賃貸にすることでその収入を毎月の費用にあてることができて助かりました」とご満足いただけました。

認知症で独居の叔母が心配でしたが、自分も通いやすい施設への住み替えができました。後見人手続きも含めて自宅の売却もサポートいただき助かりました。

(50代女性)

(50代女性)

  • ご相談例2
  • 50代女性からのご相談
  • 健康状態:80代叔母/要支援2

50代の姪御様からは、「独居の叔母が認知症を患い心配。自分が通える地域で認知症対策ができる介護住宅を探してほしい。」というご相談をいただきました。叔母様は訪問介護やデイサービスを利用されているものの、姪御様が頻繁に通えない地域にお住まいだったため、夜間など一人の時間を心配されていました。
そこで、姪御さんも通いやすく、認知症対策に熱心な介護型シニア住宅を中心にご紹介させていただきました。
また叔母様が認知症で、ご自宅の売却や支払い手続きなどにも支障があるため、後見人申請をご提案。
「希望通りの住み替えができ、私たちだけではなかなか難しい後見人手続きなどの相談もできて助かりました。お陰様でスムーズな住み替えができ、私自身も安心することができて良かったです。」というお言葉を頂戴しました。

独居の兄が転倒骨折で突然入院。兄も自分も高齢で、自分たちだけでは施設探しはとてもできなかった。先々の資金計画も相談できて助かりました。

(70代男性)

(70代男性)

  • ご相談例3
  • 70代男性からのご相談
  • 健康状態:80代兄/要介護3

70代男性のお客様は「独居の兄が転倒骨折で入院したが、退院しても自宅での一人暮らしは難しそう…」というお悩みでご来店されました。
怪我をされたお兄様も弟様にとっても突然のことで、施設の種類やご希望など、なにも定まっていませんでした。そのため、まずはFP相談で今あるご資産(ご自宅)と年金などで資金計画をたてることをご提案。その計画をもとに、支払いに無理がなくご希望にあう介護付有料老人ホームをご紹介させていただきました。
また、お兄様も弟様もご高齢のため、ご自宅の売却時期はお体の負担を考え、引っ越し後にゆっくり行うこともご提案いたしました。
「兄も自分も高齢で、自分たちだけでは施設探しはとてもできなかったし、FP相談を活用することで、今の家を慌てて先に売らなくても住み替えができるということがわかりました。ありがとう。」と仰っていただくことができました。

サロンのサービスメニュー

住まいの売買手続き等は東急リバブル各センターと連携して行います。

介護

  • ケアマネジャー(介護支援専門員)による住み替えに関わる介護相談

資金

東急リバブル
その他各種サービス

  • 法律・税務相談
  • 賃貸経営・管理
  • 相続相談
  • 資産運用
ウェルスサポート課長 富山 國芳

リバブル シニアの住みかえサロン
ウェルスサポート課長
富山 國芳

シニアのお住み替えは専門スタッフがお手伝いします

シニアの住み替え先はイコール『シニア住宅』ではありません。ご年齢やお身体の状態、希望する暮らし方によっては、『シニア住宅』はもちろん、駅近マンションや賃貸マンションの方が適していることもあります。
リバブル シニアの住みかえサロンでは、皆様が老後、心豊かに安心して暮らせる住まいをご提案するとともに、長年住み慣れたお住まいのご売却をお手伝いさせていただきます。

サロンご案内

渋谷サロン

【予約制】
受付時間/9:30〜18:00 定休日/火曜日・水曜日

渋谷サロン
渋谷サロン:地図

〒150‐0043
東京都渋谷区道玄坂1-2-3
東急プラザ渋谷8階
東急リバブル 渋谷センター内 Google Maps

たまプラーザサロン

【予約制】
受付時間/9:30〜18:00 定休日/火曜日・水曜日

たまプラーザサロン
たまプラーザサロン:地図

〒225‐0002
神奈川県横浜市青葉区美しが丘2-15-8
東急美しが丘二丁目ビル3階
東急リバブル たまプラーザセンター内 Google Maps

シニアの住みかえサービスは
上記サロンだけでなく、
首都圏の東急リバブル
各センターでのご相談も承ります。
【要事前予約・FP相談除く】

また、お電話やオンラインでのご相談も可能です。
お気軽にお問合せください。