Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

不動産売却の流れ / STEP3 媒介契約の締結

1

媒介契約について

不動産売却をご依頼いただく場合、
媒介契約の締結が必要になります。

媒介契約について

ご売却を開始するための手続きについて
ご案内します。

chapter 1媒介契約の種類 媒介契約には、「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」の3種類があります。

「指定流通機構」への
登録義務
販売状況の報告義務
(定期連絡※)
複数業者との契約 売主様自ら発見した
相手との取引
専属専任 5営業日以内 1週間に1回以上
専  任 7営業日以内 2週間に1回以上
一  般 登録義務なし 報告義務なし※

※定期連絡・・・実施した販売活動内容や当社HPのアクセス数、買主様からのお問い合わせ状況などを、文書またはメールにてご報告します。
なお、当社においては一般媒介契約においても定期連絡を実施しています。

専属専任媒介契約

依頼者は、依頼した宅建業者以外の宅建業者に重ねて売買または交換の媒介または代理を依頼することができません。また、依頼した宅建業者が探索した相手方以外の者(自ら発見した相手方も含む)と売買または交換の契約を締結することができません。 依頼を受けた宅建業者は、売物件情報を指定流通機構(レインズ)に5営業日以内に登録し、1週間に一度以上文書等で販売状況を報告します。

専任媒介契約

依頼者は、依頼した宅建業者以外の宅建業者に重ねて売買または交換の媒介または代理を依頼することができません。 依頼を受けた宅建業者は、売物件情報を指定流通機構(レインズ)に7営業日以内に登録し、2週間に一度以上文書等で販売状況を報告します。

一般媒介契約

依頼者は、複数の宅建業者に重ねて依頼することができ、他の宅建業者の名称と 所在地を、依頼した宅建業者に通知する義務がある「明示型」と、通知しなくてよい「非明示型」の2種類があります。 依頼を受けた宅建業者には、売物件情報の指定流通機構(レインズ)への登録義務と、依頼者に対する販売状況の報告義務はありません。

当社では以下の理由により、専属専任・専任媒介契約の締結をおすすめしています。

  • ●高く、早く、確実に売るための当社仲介サービスをご利用いただけます。
  • ●情報を一元管理することができるため、売主様のご負担を軽減することができます。
  • ●売主様の窓口会社は一社のみですが、国土交通大臣指定流通機構(レインズ)への登録により、他の不動産会社を通して、広くご紹介することが可能です。
  • ●東急リバブルは、“囲い込み”をしません。当社のお客様へはもちろん、他の不動産会社にも積極的に広く情報を開示し、買主様を探します。

chapter 2専属専任・専任媒介契約と一般媒介契約の違い

■専任・専属専任媒介

●当社のみが売主様の窓口となるため、情報管理と販売活動をスムーズに行うことができます。

●「リバブルあんしん仲介保証」など当社仲介サービスをご利用いただけます。(諸条件あり)

※サービスの詳細は店舗までお問合せ下さい。

専任・専属専任媒介

専属専任媒介契約書

こちらでサンプルをご確認ください。

専属専任媒介契約書サンプル

専任媒介契約書サンプル

■一般媒介

●複数社に対して売主様が直接、販売活動を依頼できます。

●窓口各社との連絡を全て売主様ご自身で行っていただくことになります。(内覧時間の調整など)

一般媒介

一般媒介契約書

こちらでサンプルをご確認ください。

一般媒介契約書サンプル

chapter 3「建物状況調査」(インスペクション)について

媒介契約締結時に、国交省の定める「建物状況調査」の希望の有無を確認し、ご希望される場合は検査会社をご紹介します。また、専属専任・専任媒介契約を締結されるお客様には、当社独自の建物検査・保証サービス「リバブルあんしん仲介保証」をご提供します。(諸条件あり)

東急リバブルできること

あんしん仲介保証あんしん仲介保証

調査や保証で”あんしん”を提供するサービスです。

中古住宅検査・2年保証制度「リバブルあんしん仲介保証」。建物・住宅設備の検査に加え、万一契約不適合責任が生じた場合でも、東急リバブルが補修費用を保証します。中古住宅・土地の売買に、売主様にも買主様にも安心のサービスです。

あんしん仲介保証について詳しくはこちら
あんしん仲介保証

2

媒介契約に
付随する手続き

媒介契約をご締結いただいた後、
販売活動に入る前の準備が必要になります。

媒介契約に付随する手続き

媒介契約に付随して必要となる書類を
ご紹介します。

chapter 1物件状況等報告書、設備表の記入

物件状況等報告書とは

売却不動産に関して、売主様が知っている事柄(雨漏りやシロアリの害、給排水管の 故障、腐蝕、増改築、近隣との申し合わせ事項、マンション管理に関する事項など)に ついて、買主様にお伝えするための書面です。

設備表とは

売却不動産の設備に関して、その有無や状況について買主様にお伝えするための書面です。

※上記2種類の書面は買主様だけでなく、購入検討のお客様にもその内容をお伝えしますので予めご承知おき下さい。

chapter 2販売活動の確認

販売方法について、売主様のご希望を宣伝活動承諾書によって確認させていただきます。「周りに知られないように売却したい」など、売主様のご要望に応じた販売方法をご提案します。

chapter 3役所などでの調査に関する委任

当社が売却不動産の調査を行うにあたって、売主様の委任状が必要になります。 調査をスムーズに行うために、委任状の作成にご協力をお願いします。

chapter 4仲介サービスの選択

当社オリジナルサービスをご利用いただけます。

東急リバブルできること

不動産の価値を高めるサービス

※ご利用にあたっては諸条件があります。

東急リバブルの売却サービスをもっと見る