首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

事務所の査定を検討された場合、売却事例が豊富な信頼できる不動産会社に依頼されることをおすすめいたします。
今までのノウハウや近隣のニーズや相場を加味した査定となりますので、お客様の売りたい価格ではなく、
スムーズに売却できる価格を提案してくれます。

東急リバブルが事務所の査定に強い3つの理由

  1. 豊富な経験を基に
    査定・売却計画をご提案

    店舗の査定・売却を数多く経験しているため、それらの実績から査定価格のご提案や売却計画をお作りいたします。

  2. 査定から売却までの流れをスムーズに進めます

    売主様の売却がスムーズに進むよう経験豊富な営業担当がお手伝いいたします。

  3. 初めてのお客様でもわかりやすく査定結果をお伝えします

    査定結果のご説明には、多くの難しい専門用語が出てまいります。それらの言葉をわかりやすく丁寧にご説明させていただきます。

事務所査定のよくあるご質問

不動産売却の媒介契約の種類や特徴を教えてください

正式にご売却の依頼を受けた場合は当社と媒介契約を結ぶことになります。この媒介契約には、契約内容が異なる3種類があります。
専属専任媒介契約を締結した場合は、依頼した宅建業者以外の宅建業者に売却を依頼することができません。また依頼した宅建業者が見つけた買主様以外と売買契約を締結することができません。依頼を受けた宅建業者は、売物件情報を指定流通機構(レインズ)に5営業日以内に登録し、1週間に一度以上文書等で売却活動状況を報告する義務があります。続いて専任媒介契約では、依頼した宅建業者以外の宅建業者に売却を依頼することができません。依頼を受けた宅建業者は売物件情報を指定流通機構(レインズ)に7営業日以内に登録し、2週間に一度以上文書等で販売状況を報告する義務があります。一方、一般媒介契約は複数の宅建業者に重ねて依頼することができます。売物件情報の指定流通機構(レインズ)への登録義務と依頼者に対する販売状況の報告義務はありません。どの媒介契約を締結するかは、売主様の売却のプランに応じて相談させていただきます。※媒介契約についての詳細「ご売却の手引き」を参照

事務所の査定の時に費用はかかりますか?

査定には一切費用はかかりません。まだ売却を検討中であったり、価格によっては売却をするかもしれないといったお客様の場合も同様ですのでお気軽にご相談ください。

事務所の査定も売却も周りに知られたくありません

売主様がご負担なく売却を進められるように、秘密厳守で査定や販売活動を進めさせていただきます。査定の場合は、事務所の休業日に伺うなどの工夫、販売活動に関しましても、近隣に知れ渡るような周辺での折込チラシの配布などは行わず、当社のネットワークに登録されている購入希望者へ直接ご紹介するなどの対応をさせていただくことも可能です。

事務所の査定はどのように行いますか?

事務所の物件概要からだけでなく、実際に事務所へお伺いし、査定をさせていただきます。査定をさせていただく営業担当者は過去に多くの物件を見てきていますので、経験値や知識なども踏まえて査定価格を算出させていただきます。

事務所の査定価格を算出したら次のステップは?

事務所の査定価格を算出し、売却することをお決めなった場合は、当社と媒介契約を締結することになります。締結後はお客様の事務所がスムーズな売却へつながるように販売活動を通して購入希望者をお探ししていきます。

事務所の査定で失敗しないために

事務所の場合、広さ・利便性・立地や階数など様々な要素が加味されて査定価格が算出されます。商業地に位置している、都心へ出やすいなどもプラスの要素となるなど、他の種目とは少し違った見方が必要です。
こういった点から考えた場合、やはり経験や実績、販売事例の多い不動産会社へ依頼することが、適正な査定価格を得ることができる手段となります。登録上の数値だけで査定をすることはできますが、それはあくまでも目安に過ぎません。
本サイトでは、事務所の査定・売却に関してのコラム等もご紹介しております。ぜひともご覧ください。当社の事務所の査定・売却について、興味を持っていただけると思います。