首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

査定について知りたい

不動産売却時の情報収集の大切さ

不動産を購入したり、売却したりすることは一生に何度もあることではありません。不動産を個人で売買する際には、その都度不動産会社や専門家のサポートが必要になってきますが、おおよその流れを知っておくことや事前に情報を収集することも必要になってきます。

情報収集を行うことの大切さ

不動産を売却する際、その理由は様々です。まずは、どんな理由で売却をすることになったのか?ということを明確にしましょう。

買換えが伴う場合は、いつまでに買換えをしたいのか?ということも決めておきましょう。そうすることでおのずと、いつまでに売却したいのか、ということも見えてきて、今後のスケジュールが立てやすくなります。

次に、大体の相場というものを知っておくために、インターネットで売却したい一戸建ての条件で物件検索をして販売価格がどのくらいになっているのかを把握したり、査定シミュレーションの機能を使ったりして調べてみましょう。

これらの下準備が済んだら、次の流れとして不動産会社で相談や査定をすることとなります。一戸建ての間取り・面積・築年数・立地や周辺環境などに加えて様々な事例や販売実績があるので、プロの目から見た査定をしてもらうことができます。

その他、売却に関するアドバイスもきちんと受けて、今まで大切に過ごしてきた我が家の売却がスムーズにいくように、しっかりとサポートしてもらいましょう。

[成約価格の水準を把握するために参考となる情報サイト]
国土交通省「不動産取引価格情報検索」
不動産流通機構「不動産流通標準情報システム」

東急リバブルにご相談ください

様々な相談を経て売却をお願いすることが決まったら、媒介契約を結びます。媒介契約の形態は「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」「一般媒介契約」と、大きく分けて3種類。どの契約形態にするかは不動産会社と相談して決めていくといいでしょう。

そして売出し価格を決めたら、不動産会社がインターネットやチラシを使って販売活動をスタートさせます。このころから購入希望者が居住中の自宅に見学にくることも増えてきます。この際、印象をよくするためにもお家の中の清掃や片付けなどはきちんとしておきましょう。

不動産会社を通じて購入希望者と条件のやりとりを経て、買主様が決まったらいよいよ売買契約の締結です。後々トラブルに繋がらないように、お互いの条件をきちんと確認し署名・捺印することを忘れずに。この後は、引越しの準備や登記変更、各種書類の手続きなどが続きます。最後に、鍵の引渡し、仲介手数料などの諸費用を支払い引渡しとなります。

以上が一戸建てを売却する際の流れとなります。それぞれの過程でわからないことはそのままにせず、当社の営業担当者に相談いただき情報を収集し、スムーズな売却になるようにつとめていただきたいと思います。

査定について知りたい

売却について知りたい