投資用

  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

収益物件

全国に広がるリバブルネットワークにより、多数の物件を掲載中
投資用不動産のご購入・ご売却は東急リバブルにお任せ下さい

収益物件について

収益物件とは、所有者が居住するためではなく、投資を目的として所有される不動産のひとつです。中長期的に所有して賃貸経営を行うことで定期的にインカムゲイン(運用益)を得ることを目的としたアパートやマンションなどのことで、価格が上昇したら売却してキャピタルゲイン(売却益)を得ることを目的とした土地や建物と区別して、収益物件と呼ばれます。

収益はおもに家賃収入で、アパートの場合は建物と土地をセットで所有する1棟所有、マンションの場合は1部屋ごとに賃貸運用する区分所有が一般的です。1棟所有のアパートはある程度まとまった広さの土地を資産として残せる点、最初に多額の資金が必要なものの複数室を所有するため入居者が決まらない場合のリスクが分散できる点など、一方区分所有タイプのマンションは比較的少額から投資が始められ、アパートより管理が容易である点など、それぞれにメリットがあります。また、アパートの場合は大規模な修繕、建て替えなどが所有者個人の決断で行える一方で、区分所有タイプのマンションは共用部分の管理を自身で行う必要がないため、部屋の修繕や設備の充実に集中することができるといった特徴もあります。

やはり収益物件でもっとも大切なのが収益率ですが、それを分かりやすく数値化したものが利回りです。通常利回りは年間の家賃収入を物件価格で割った数値で表され、数値が高いほど収益の良い物件と判断されます。物件が人気の沿線に位置している、駅からの距離が近くて便利、近くに商業施設や公園があって生活しやすいなど、賃貸の入居者が集まりやすい有利な条件が揃った利回りの高い収益物件を選ぶことはもちろん重要ですが、常に安定した運用を維持することも同様に重要です。空室や家賃未納といった問題で利回りを下げないためにも、入居者募集や物件の管理には常に注意を払う必要があります。また、経年変化によって起こる建物や設備の老朽化にも、設備の入れ替えやリフォームで適切に対応しなければなりません。

不動産投資はハードルが高いと思われる方も多いようですが、収益物件はその特徴をしっかりと理解すれば、資金力やライフスタイル、目的に合った選択ができる投資対象です。また、しっかりとした管理運営を行うことで、実物資産を保有しながら安定したインカムゲインによってゆとりの資産形成を目指せるという、大きなメリットもあります。

マンション / アパート / 一戸建ての賃貸経営をサポート

東急リバブルでは、賃貸物件を経営されているオーナー様のほか、マンションや一戸建てなどの持ち家および投資用物件を貸したいとお考えのオーナー様に向けた各種サポートサービスをご用意しております。
入居者募集から入居後の賃貸管理サービスまで、「貸したい方」と「借りたい方」をつなぐ総合的なサポートで、貸主様の様々なご要望にお応えいたします。

不動産の賃貸経営をご検討の方はこちら

投資用不動産の査定を無料で承ります。

無料査定

地域に精通した不動産のプロがお客様のご要望にお応えいたします。

お問合せ

※予定利回り(年)=年間予定賃料収入/取得対価×100(年間予定賃料収入は満室時におけるものです。)

※「予定利回り」は、公租公課その他当該物件を維持するために必要な費用の控除前のものです。

※当社は年間予定賃料収入が確実に得られることを保証するものではありません。

※首都圏は 東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城エリアを指します。

※関西棟は 関西、名古屋、札幌、仙台、福岡エリアを指します。