首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

買換えの手引き

マンションや一戸建など各種の不動産売却なら東急リバブル

「今住んでいる家を売って、もっと広い所に住みたい…」

買換えの場合、購入と売却を同時に行えるのが理想的ですが、そのタイミングを合わせることは、非常に難しいものです。
家は売れたけれども、次に住む家が見つからないとか、希望の物件は購入できたけれども、家が売れないとその間二重ローンになってしまったり、なかなかお話しが進みにくいのが買換えの難しいところです。
当社では、「リバブル売却保証システム」の利用や、豊富な物件情報のご紹介により、買換えのお悩みを解消いたします。

買換えのための売却活動の流れ

売却先行と購入先行のメリット・デメリット

買換えがうまくいくかいかないか、実際には時間的な問題が一番のポイントです。
「売却先行」と「購入先行」のそれぞれのメリット・デメリットを理解し、東急リバブルにご相談ください。
お客様の状況を判断の上、最適な買換えスケジュールをご提案いたします。

売却先行型

メリット
1.自宅の売却代金が明確化するので、買換えの資金計画を立てやすい。
2.売却をあせる必要がないので、価格やその他条件面である程度余裕をもって進められる。
デメリット
1.引渡しまでにご希望の物件が見つからない(あるいは、入居ができない)場合、仮住まいの準備が必要になる。
2.引渡しのタイミングに合わせるために、買い急いで、新居の条件を妥協しなくてはいけない場合がある。

売却先行型 Q&A

Q. 売却もできて、新居も購入したけど、同日に引渡しと決済をしたら引越しの期間がないのでは?

A. お買換えを前提に当社でご売却のご依頼をされた場合、残代金支払いと引渡しを同日ではなく、引越し等の時間を加味してずらす旨の契約上の「特約」を設けてご売却の契約ができるケースも多々ございます。

Q. 売却はできたけれども新居が決まらない、決まったけれども売却と同時に新居に入れない場合はどうする?

A. 当社の賃貸にお任せください。
新居への入居が間に合わなかった時も、リバブルなら安心です。1年以上の長期間でも、1ヶ月足らずの短期間でも最適な賃貸物件をご紹介します。
賃貸物件のご紹介

購入先行型

メリット
1.希望の新居をじっくり探せる。
2.未完成物件等引渡しまで時間のかかる物件を購入する場合は、代金支払いまで時間があるので、購入の契約後に売却に出されてもタイミング合いやすい。
デメリット
1.新居の取得日までに売れないと、新居と旧宅のローンを二重に払うケースがある。

購入先行型 Q&A

Q. 今現在、自宅のローン返済があるのですが、新居の契約までに売れないと二重に支払うことになってしまうのですが、何かいい方法はないかしら?

A. 当社のリバブル売却保証システムをご利用ください。
東急リバブルの仲介で一定期間内に現在のお住まいが売却できない場合は、あらかじめお約束した価額でお住まいを購入させていただきますので、期限を新居の残代金支払日にうまく合わせれば二重ローンになる心配もありません。
(但し、当社審査後適用)

購入したい物件が見つかったのに家が売れない…
売却できない場合は、当社が買い取ります。

東急リバブルの仲介で一定期間内に現在のお住まいが売却できなかった場合、あらかじめお約束した価額でお住まいを購入させていただきます(当社審査後適用)。当システムには、「利益還元制度」がついています。

利益還元制度

当社購入後、再販売価額から購入価額および購入・販売経費を差し引いて利益が出た場合、その利益をお客様に還元する制度です。物件の条件など当社の審査によりご利用できない場合もございます。あらかじめご了承ください。
リバブル売却保証システム

ご売却は東急リバブルで!

※無料査定、売却のご依頼は地域、物件によりお取り扱いできない場合がございます。あらかじめご了承ください。

お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら