首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

「リバブルあんしん仲介保証」可能物件特集

リバブルあんしん仲介保証 中古住宅検査・1年保証制度

2ヶ月前に引渡しを受けた中古一戸建に雨漏りが見つかった。
さて、補修費用は誰が払うのでしょうか?

売主様です。

中古住宅の売買には「瑕疵(かし)担保責任」という売主様が負う責任があります。売買した中古住宅で3ヶ月以内に補修が必要になった場合、「売主様」がその費用を負担しなければなりません。

リバブルあんしん仲介保証(建物保証)では
最大500万円まで保証します。

建物の『瑕疵(かし)担保責任』とは

建物の瑕疵担保責任とは、売買の目的物(一戸建・マンション)に隠れた瑕疵(不具合・故障等)があった場合、売主様が買主様に対して負う責任のことです。一般社団法人不動産流通経営協会による一般的なルールでは、雨漏り、シロアリの害、建物構造上主要な部位の木部の腐蝕(一戸建のみ)、給排水管の故障の瑕疵について、引渡し完了日から3ヶ月以内に請求を受けたものにかぎり売主様が責任を負うと定められています。なお売主様が法人である場合、瑕疵担保責任の範囲・期間が異なります。詳細はお問い合わせ下さい。

NEXT PREV あんしん仲介保証 総合トップページ