首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

初心者でもわかる不動産売却

土地の売却の注意点を教えて

”相続で得た土地を売却したい”など土地が絡んでくる不動産売却を検討された時に、よく聞かれるのが境界線や越境のトラブルです。

いざ査定をする段階になって、境界標線が見当たらない、登記上の面積と実測面積が異なる、隣家の軒先が実は自分の敷地内に入り込んでいたなど今まで生活してきた中で気付かなかった点が売却の際には問題として出てきてしまうことがあります。

リバブルあんしん土地チェックをご利用下さいイメージ

あいまいになりがちな境界や越境のポイントを調査

まずは多くトラブルの原因となりうる境界線標の有無確認をいたします。この際、もし境界標線が見つからない場合は、買主様に引渡す前に境界標線を設置する必要が出てきます。隣地所有者の立ち会いのもと確定測量を行い境界標線の新設・復元を行うのですが、この費用は売主様の負担となりますので注意点としてあらかじめご認識ください。

境界標線がきちんと確認できた場合は仮測量を行います。これは隣地所有者の立会いは不要で原則として売主様の指示による境界標線を元に測量を行うもので、権利関係を確定するものではありません。また、道路との境界標線を測量するものではなく、あくまで売主様の土地面積を計測する行為ということになります。軒先や樹木などが境界線を越えていないか越境確認をいたします。

更に、セットバック面積の調査で前面道路との拡幅によって敷地面積がどのくらい減少してしまうかを確認したり、道路や周囲との高低差がどのくらいあるかといった敷地内の高低差を測量いたします。これらを実施することにより、いざ売却となった場合に、土地の広さや長さ、高低差が明確になる他、所有されている土地の問題点も知っておくことができ、売却後のトラブルを事前に回避することができます。買主様も土地を有効に利用しやすくなるため、資金プランも立てやすくなるといったメリットが得られます。

トラブル回避のためにも東急リバブルに依頼しましょう

土地に関しては注意点も多く専門家の介入が必要なケースが多くあります。いざ引渡しとなった時に問題が発生して契約が白紙に戻ってしまうなどせっかくの売買が不成立になってしまうことを避けるためにも、事前に確認しておくことは重要なポイントとなります。

土地売却をお考えの場合は是非東急リバブルへご相談ください。経験と実績を活かして、お客様の売却がトラブルなく進められるように全力でサポートいたします。

<関連記事>
土地の売却と査定
東急リバブルが土地の売却に強い3つの理由

トラブル回避のためにも東急リバブルにイメージ

不動産売却の初心者必見!よくあるお困りごと一覧

お客様の声
CONTACT

お気軽に
ご相談ください

山口 智充さん

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。