Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

不動産売却の流れ / STEP7 決済(残代金授受・各種申請手続き)

1

決済の手続き

最終代金の受領、所有権の移転、
買主様へのお引渡しを、営業担当者が
責任を持ってお手伝いします。

決済の手続き

ご決済・お引渡しに関する様々な
手続きをご案内します。

決済 買主様より最終代金を受領して、不動産登記上の所有権移転登記を行います。
引渡し 建物であれば鍵の受け渡しをするなど、売買契約書で取決めした内容で、不動産の実際の使用権を売主様から買主様にお渡しします。
固定資産税 毎年1月1日時点の所有者に納税義務があるため、市町村への1年分の納税は売主様が行いますが、お引渡し日以降の分は年額を1月1日を起算日として日割清算し、買主様から売主様にお支払いします。

固定資産税・都市計画税について詳しくはこちら

chapter 1決済の準備

営業担当者よりご決済当日に必要な書類などをご決済当日の2~3週間前を目安に書面でご案内します。
■ 買主様より受領するお金の金種、振込先(支払先)を事前に確認します。

  • 登記関係書類
    (登記済権利証または登記識別情報)
  • 住民票
  • 銀行届出印
  • 印鑑証明書(3ヶ月以内に取得したもの)
  • 実印
  • 登記費用(抵当権抹消登記などがある場合)
  • 買主様に引継ぐ書類、
    建築・分譲時のパンフレット、
    設備の取扱説明書・保証書、
    管理規約、建築確認通知書、
    境界確認書、測量図 など
  • 通帳(お振込先が確認できるもの)
  • 仲介手数料の半金
  • 本人確認書類
    (運転免許証などご本人と確認できるものをご用意下さい)
  • その他

chapter 2売却不動産の最終確認(引渡し前確認)

売主様の責務として、売買契約時の「物件状況等報告書」「設備表」に記載の通りの状態で、買主様に引渡さなければなりません。また、売主様には「境界標の明示義務」があります(マンションなど区分所有建物の取引を除く)。その最終確認のために、決済前に現地にて引渡し前確認を買主様立会いのもと行います。万一相違がある場合、営業担当者まですみやかにご連絡下さい。

  • 物件状況等報告書の記載内容
    (雨漏りやシロアリの害、マンション管理に関する事項など)
  • 設備表の記載内容
    (設備の有無、故障・不具合の有無を確認)
  • 隣地との境界標の確認(土地・一戸建)

chapter 3決済および引渡し当日の流れ

登記申請の手続き

登記手続きは司法書士が代行します。

  • ①司法書士が売主様・買主様の本人確認をします。
  • ②司法書士が売主様・買主様の登記申請に必要な書類を確認します。
  • ③売主様・買主様から登記申請に必要な書類に署名・捺印をいただきます。
  • ④司法書士が書類を確認し、仲介会社および金融機関へ資金実行の依頼をします。

残代金受領・固定資産税
などの清算

司法書士の指示に基づき、買主様から残代金や固定資産税等清算金・管理費等清算金などをお支払いします。お支払いは、一般的に振込で行います。なお、売主様には登記関係費用や仲介手数料をお支払いいただきます。
※買主様から受領する金銭で充当していただく場合があります。

売却不動産の引渡し

  • ①鍵の引渡し
  • ②各種書類の引継ぎ
  • ③その他の引継ぎ
    設備の使用方法や住むうえでの注意点などの引継ぎを行います。
  • ④「引渡完了確認証」の交付
    鍵の受領、各種引継ぎ完了後に「引渡完了確認証」への署(記)名押印を
    いただきます。

東急リバブルできること