Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

購入直後から起きている、マンションの給湯の不具合について相談させてください。

Q.ご相談内容

今年の4月下旬、築40年程度のRC造マンションの一室を購入いたしました。
室内はフルリノベーション済みで、配管などもすべて交換済み、キッチン等の設備もすべて新しいものになっている物件です。

入居してすぐガス会社の方が点検に来た際に、ガスを開けてもキッチンとシャワー、洗面台からお湯が出ないことが発覚しました。
その後、管理会社と売主様の会社に連絡し水道業者の方がいらしたのですが、その時はまだお湯が回りきっていないと思われるので使っていくうちにお湯が出てくるはずです、と言われました。また、水圧が多少弱いかもしれないと言われ、水道局の方にも見ていただきました。(そちらは今最大になっているのでこれ以上水圧はあげられないとのことでした)
ですが、使えどお湯が出る気配がなく…お風呂のお湯はりではお湯が出るのに、シャワーからお湯が出ないのは明らかにおかしいということで、また売主様にご連絡し、以前と同じ水道業者に見てもらったところ、給湯器のメーカー様にも見てもらうこととなり、そちらにも来ていただいて調べていただきました。

調べた結果、給湯器のメーカーの方は給湯器に不具合はないとおっしゃっていて、同時に恐らく原因がわかりました、こちらから不動産会社、売主様にご連絡した上で今後の予定を調整します、とおっしゃっていました。
その際、もしかしたら床を剥がしたりすることになるかもしれない、ご迷惑をおかけすることになると思いますとおっしゃっていました。
ここまでが先週あたりの話です。

入居して1ヶ月、ガス会社、水道業者、水道局、給湯器メーカーとここまで振り回されてさらに大がかりな工事となった場合、正直に申し上げて心身穏やかではいられません。ここは不良物件だったのではないか?と落胆しています。
細かい施工の甘さも見受けられましたが、そこは完璧を求めるとこちらも辛くなると思い、目を瞑っておりました。(例としては、洗面台下の配管を四角く開けた穴に通した後、角を塞がずそのままの状態になっていました。虫が出入りする可能性が怖かったので、こちらでパテで埋めました)
ですが、それにさらに配管?のミスがあったとなると本当に悲しい気持ちです。
この場合、配管を直してはいお仕舞い、で終わりなのでしょうか。入居して1ヶ月、日々も不便なためどうしてもいまひとつ納得がいかず…今が初夏なのでまだ良いですが、これが冬場だったらと思うとゾッとします。

A.東急リバブルからの回答

配管などの水回りの不具合が原因で、生活に支障が出るレベルのものは、購入物件の「瑕疵」と評価されて、売主がそれを修繕する義務を負います。また、間に入っていた不動産会社も、たとえば、売主からそのような不具合を聞いていたのに買主に説明をしなかった、といった事情があれば、宅建業法上の説明義務違反として、損害賠償請求をすることができます。

このような宅建業に関するトラブルについては、弁護士などの無料法律相談のほか、各行政に宅建業のトラブルに関する窓口もございます。そこに、対応についてご相談をするということも可能です。
配管の不具合は、生活に直結するトラブルですので、ご不安が多いということであれば、そのような窓口をぜひ利用なさってみてください。

ご相談への回答について

「不動産なんでもネット相談室」は、実際にお客様より相談いただいた内容に、東急リバブルが中立的な視点で回答した内容を記載しております。不動産に関してご不明点がありましたらご参考ください。