Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

海外転勤中に自宅マンションを賃貸したいのですが、どうしたらよいですか?

Q.ご相談内容

海外転勤中に、自宅マンションを人に貸す場合の方法を教えてください。

A.東急リバブルからの回答

海外転勤中に貸すということは、また戻ってきてお住まいになるということを条件とされる方が多いです。

そのためには、「定期賃貸借」という、契約更新を前提とせず、契約期間ごとに更新するかどうかを賃貸人が決めるという方式を取ることが一般的です。そうすれば、転勤から帰ってから、賃貸借期間終了のタイミングで賃貸の更新をしないことで、また住み始めることができます。
「普通賃貸借」は、更新が前提となりますので、また住みたいと賃貸人が思っても、そう簡単には契約をやめることができません。

ただ、「定期賃貸借」は「普通賃貸借」に比べればどうしても賃借人が不利になることから、賃借人が見つかる可能性が低くなるので、賃料が安くなる傾向がございます。

また、賃貸借は原則形態が普通賃貸借であり、定期賃貸借契約は、法律の規制もございます。物件のお近くの不動産賃貸業者にご相談されることをお勧めいたします。

ご相談への回答について

「不動産なんでもネット相談室」は、実際にお客様より相談いただいた内容に、東急リバブルが中立的な視点で回答した内容を記載しております。不動産に関してご不明点がありましたらご参考ください。