自宅と同敷地内にある叔母名義の家を解体したい。解体費用は誰が負担するものでしょうか?

亡くなった祖母名義の借地権の土地に父名義、叔母名義の家がそれぞれ一軒ずつ建っており、私は父親名義の建物に住んでおります。叔母宅は空き家で、今まで更新料、地代は折半していました。この度、更新にあたり叔母はもう住む予定がないので、父に更新料・地代、全て払って欲しいと言われ承諾しました。
我が家でも叔母宅を使用する予定はないので、解体したいのですが、どちらが負担すべきでしょうか? 叔母は住み続ける我が家が負担してと言っています。追い出す訳ではなく自ら住まないと言っているのにこちらが解体しなければいけないのでしょうか?

建物を撤去される前に「“借地権”という財産の取り扱いを今後どうするか」を話し合われたほうが、よいのではないかと思います。
借地権を相続されているのはどなたなのでしょうか?
叔母様も持分をお持ちであれば、今後その持分をどうされるおつもりなのか?(売却の意思があるなど)
上記の考慮無しに建物を撤去してしまうと、借地権が消滅してしまう可能性もあるかと思います。
借地契約書等、各種関係資料をご持参の上、一度法律の専門家へ直接ご相談されることをお勧めいたします。

関連キーワード:」「」「」「」「」「