首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

よくある質問

不動産売却を考えた場合、売却先行型・購入先行型のどちらがいいの?

所有されている不動産を売却し買換えをお考えの場合は、資金が必要だから、先に売却を済ませてしまったほうがいいのか?それとも住む場所がなくなると心配なので先に買換える不動産を購入したほうがいいのか?と悩まれているお客様も多いと思います。
その際、よくお問い合わせのある質問内容としては、金銭的にも負担が少なく、メリットを感じられるのは売却先行型、購入先行型のどちらになりますか?というものです。そのお答えといたしましては、どちらの場合にもメリット・デメリットがあり、一概には申し上げられないということになります。

よくある質問_イメージ

それぞれのメリット・デメリットとは?

売却先行型では資金計画が立てやすい反面、希望に合う買換え先がなかなか見つからない場合、仮住まいをどうするか?ということを考える必要があるといったケースがあります。

一方、購入先行型では転居するためのスケジュールは立てられるものの、売却が思うように進まない場合、新居への支払いなどの資金繰りを心配する必要が出てしまう可能性があります。いずれにしてもお買換えプランとスケジュール調整が重要となりますが、当社では豊富な経験と「リバブル売却保証システム」をはじめとしたサービスでバックアップいたしますので、メリット・デメリットを判断基準とするのではなく、まずはご相談いただければと思います。

売主様にとって、最適な方法をあらゆる角度から検討し、ご提案させていただきます。

どのような場合でもサポートいたします

購入先行型で売却を進めた際、東急リバブルの仲介で一定期間内に現在のお住まいが売却できない場合は、あらかじめお約束した価額で当社がお住まいを購入させていただく「リバブル売却保証システム」というサービスのご提案をさせていただくことも可能です。このサービスは当社の審査後に適用となりますが、当社のお支払い期限を新しいお住まいの残代金支払日にうまく合わせることができれば二重ローンになる心配もありません。

また、売却先行型でお買換えを前提に当社でご売却のご依頼をされた場合、残代金支払いと引渡しを同日ではなく、引越し等の時期を加味してずらす契約上の「特約」を設けてご売却の契約ができるケースもございます。

もし、新居への入居が間に合わなかった時も、賃貸期間の長短に関わらず最適な賃貸物件をご紹介することも可能です。当社は賃貸物件も豊富に取り揃えております。賃貸担当の営業担当者とも情報を共有し、最適なご提案をさせていただきます。お気軽にご相談ください。

<関連記事>「不動産ガイド:買い替え・住み替えの手引き

よくある質問_イメージ

東急リバブルに寄せられた「よくある質問」

お客様の声
CONTACT

お気軽に
ご相談ください

山口 智充さん

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。