Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

兄弟間の共有持分売買について教えてください。

Q.ご相談内容

数年前に相続によって兄弟二人の共有財産となっている土地家屋について、弟からの買い取り要求を受けています。
当該物件には、現在妻と娘が居住しています。娘は近くにマンションを所有し、私は、電車と徒歩で40分程度の場所にある古くて狭いマンションに居住しています。

買い取りは、私(兄)の長男にローンを組んで買い取らせることにします(本人了解済み)。
ついては、この不動産売買を個人間だけで法的・税法的にいかに進めるべきか、また、売買価格をいかに定めるべきかについて、ご教示いただきたいです

A.東急リバブルからの回答

個人間だけに行う際の売買価格については、あまりに低廉の場合には贈与とみなされて贈与税対象となってしまいますので、不動産業者の無料簡易査定などを参考にされて、一般的な価格を設定してください。

また、個人間といっても後々トラブルにならないように、書面による売買契約書の作成、締結をなさってください。また、税金については、無料の税務相談などを活用されて、専門家のアドバイスを聞くようにされるほうがよろしいと思います。

ご相談への回答について

「不動産なんでもネット相談室」は、実際にお客様より相談いただいた内容に、東急リバブルが中立的な視点で回答した内容を記載しております。不動産に関してご不明点がありましたらご参考ください。