投資用

  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

オーナー様の声を知る

スムーズなマンション投資運用のために、
オーナー様の声をご紹介します。

目的は、資産運用。比較的安定した運用が可能な「マンション投資」を選ばれたオーナー様

K様
35歳 会社員 男性

ご年収
700万円
購入物件
1,800万円
投資用ローン
1,700万円(借入期間:35年を利用)
自分にあった投資スタイルを考えて、比較的安定的なマンション投資を選びました。

私が、投資用マンションをはじめようと考えたキッカケは、勤務先の年金が運用型に変更になった時、『資産は運用する時代』と感じたことでした。運用方法もいろいろ考えたのですが、銀行の預金は低金利、株やFXは、毎日のように動向をチェックする必要があるし手間も掛かり、価格の増減が激しそうなので、自分にはむかないと思いました。そこで、あまり手間をかけず、比較的安定的な投資のマンション投資を選びました。

はじめは空室の不安もあったけど、今は、ローンの早期完済と、2件目の計画を考えています。

現在、月々の家賃が約9万円、月々のローン返済額やマンションの管理費などを差し引くと、手元に残るお金が約2万円になります。年間の固定資産税が約6万円のため、年間約18万円のプラス。将来的に、賃料が7万円~8万円に下がったとしても、ローンが完済できれば、月々の発生する費用を引いたあとの金額は、手元に残るので、それなりの収入になりますね。もし、不動産の価格があがれば、もちろんその分も利益につながります。

マンション投資をはじめるにあたり、一番不安だったのは、すぐに空室になってしまったらどうしようということ。

その不安を、東急リバブルの担当者の方に相談したところ「リバブルマンション投資サポート」の説明や賃貸管理についても提案をもらい、安心できました。

はじめての投資で不安が大きかったのですが、今は投資してよかったと感じています。今後は2件目を考えたいので、早めにローンを完済して、今の購入したマンションの賃料を次の物件のローンの返済にあてていきたい。

目的は、年金対策。初心者としてイチから「マンション投資」をはじめられたオーナー様

S様
40歳 会社員 女性

ご年収
600万円
購入物件
2,530万円
投資用ローン
1,400万円(借入期間:35年を利用 ※購入物件価格との差額は自己資金を充当)
将来の年金が心配だけど、何をしていいかわからない。そこで、とりあえず、相談したことがよかったです。

将来の年金のことが不安で、いろいろ対策を探していると、投資用マンションに目がとまりました。それが、私のキッカケです。いろいろな投資商品がある中で、マンション投資で得られる賃料はそれほど経済情勢の影響を受けにくい情報もあって、投資用マンションの購入を検討し始めました。不動産会社の選び方は単純で、なんとなく大手の方が安心かなと感じて、東急リバブルに相談しました。それぐらい知識がなかったんです。

だから、投資用のマンションは、どこのエリアに買えばいいのか、そもそも利回りってなんなのか、何を基準に選べばよいのか、何もわからない状態で、そのことも含めて、イチから営業担当の人に相談しました。

まったくの初心者でも、丁寧に教えてもらえた環境がとっても助かりました。

相談するなかで、資金計画がとても大切だと気付きました。投資用ローンを利用するつもりでしたが、ローン返済が滞らずにできるのか、それが、一番不安を感じていました。だから、資金計画について営業担当者の方にとことん相談しました。営業担当の方の説明や、東急リバブルの鑑定課の方(鑑定コンサルティング事業課)がキャッシュフローを作成してくれ、資金計画が明確になりました。投資用ローンの借り入れについても、金融機関に自分で行くのは不安でしたけれど、提携ローンを紹介してもらえて、手続きがスムーズにできました。購入するまでは、まさか自分がマンション投資!?と思っていましたが、購入して、毎月の収入があるのを見ると、今は記帳する楽しみがふえましたね。

目的は、相続対策。資産や相続税の相談がきっかけで、「マンション投資」につながったオーナー様

T様
68歳 会社員 男性

ご年収
年金のみ(ご自宅は持ち家)
購入物件
5,250万円
投資用ローン
なし(現金購入)
はじまりは、相続の心配。相続対策がマンション投資になるとは思っていませんでした。

昨年(平成27年)に相続税の改正の新聞記事を読んだことが、マンション投資の入り口になりました。その頃は、漠然と相続対策を考えないとなぁと思っていたのですけど、面倒くさそうで、なかなか腰が重かったんです。その後しばらく経って、子供達2人に「税金対策はした方がいいじゃないの?」って言われたことで、ようやく行動を移すことになりました。ただ、我が家は相続対策が必要なほどの資産力がない気がしたんです。持家である自宅を、どうしたらいいのか、資産としてどう考えたらよいのかわからず、投資という入り口ではなく、自宅の資産価値とか相続の相談として、いろいろなサービスがありそうな東急リバブルを訪れました。

相続を見据えたカタチで、マンション投資。それができたことが、とってもよかったです。

営業担当の方からもいろいろ説明をうけて、提携の税理士や弁護士の先生のお話、専門家の意見も聞くことができてよかったです。何度も相談を重ねた結果、相続対策として投資用マンションを購入することにしました。物件は、将来的に子供たちが相続した後、いつか売却することを考え、築年数が浅めの都心エリアの物件にしました。相続対策として購入したが、今は副収入が入ることで、妻と旅行もできているので、妻も喜んでくれています。