Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

サービス利用者の声CUSTOMER VOICE

VOICE #3 東急リバブル 流通事業本部長|小林 俊一|取締役常務執行役員 マーケティングコンサルタント|西川 りゅうじん アクティブ売却パッケージ「アクセル君」。大切な資産の価値を高め、安心してより高値で売却できる“VALUE UP売却術”とは?

東急リバブル×西川りゅうじん氏 特別対談

  • アクティブ売却パッケージ

    売りたいマンションをリフォームと家具のコーディネートにより演出してから売りに出し、
    万が一、一定期間内に売却できない場合の売却保証も付与した、
    東急リバブルのマンション売却支援サービス「アクティブ売却パッケージ」(通称:アクセル君)。

  • マーケティングコンサルタント|西川 りゅうじん

    少しでも高値で売りたいマンションを、リフォームと家具類のステージングで演出して売り出し、一定期間内に売却できない場合には買い取りも保証してくれる、東急リバブルのマンション売却支援サービス「アクティブ売却パッケージ」(サービスブランド名:「アクセル君」)が好評を博している。長きにわたり第一線で産業と地域の元気化に手腕を発揮しているマーケティングコンサルタントの西川りゅうじん氏が、自身が所有するマンションの売却に際して実際にサービスを利用した実体験を踏まえて、「アクセル君」ならではのメリットと安心感を解き明かす。

  • ※ 本サービスは、マンション限定のサービスです。
    また、ご利用にあたっては諸条件があり、ご利用いただけない場合があります。詳細はお問い合わせください。

Vol. 1 売る側・買う側の課題をワンストップで解決
金銭的メリットと安心感大きい画期的仕組み

  • 西川りゅうじん氏|写真01

    西川りゅうじん氏(以下、西川) 今、ご一緒に対談している、まさに、このマンションの売却について、アクティブ売却パッケージ「アクセル君」のサービスを利用していますが、お願いして本当に良かったです。大切な資産の価値を高め、安心して、高値で売却できる仕組みはとてもありがたいです。

    小林 俊一(以下、小林) 東急リバブルの「アクセル君」をご利用いただき、誠にありがとうございます。

    西川 「アクセル君」の仕組みのおかげで、私自身は売却前の費用の持ち出しなしで、プロに素晴らしいリフォームをほどこしていただき、また、こちらも事前の持ち出しなしで、高価な家具や照明、カーテン、調度品、生活雑貨に至るまでステキにステージングしていただき、部屋が喜んでいる感じがします。美しく生まれ変わって、また住みたくなってしまいました。

    小林 ありがとうございます。もちろん、リフォームとステージングの費用も当社ならではのリーズナブルな価格ですから、費用をご負担いただければ、売却はストップし、継続して居住いただくことも可能ですよ。

  • 西川 いえいえ、売却することは決めていますので、よろしくお願いします。少なくとも私が調べた限りでは、令和初年の日本において、「アクセル君」ほど、売り手・買い手の双方にとって、金銭的なメリットと精神的な安心感が大きい不動産売買の仕組みはないと思います。

    リフォーム前 リビング・ダイニング リフォーム後 リビング・ダイニング
  • リフォーム前 キッチン
    ▲ リフォーム前、独立タイプだったキッチン
    リフォーム後 キッチン
    ▲ リフォーム後、リビングを見渡せるセミオープンタイプとなり、より明るく開放的なリビング・ダイニングに。

    小林 「アクセル君」のどのような点がお気に召したでしょうか?

    西川 最初にご相談にうかがった際にスタッフの方からご説明いただいた通り、「アクセル君」のサービスを利用して東急リバブルに売却を頼めば、売り手が売る前に費用の持ち出しなしで3つの仕組みが活用できるのは、とても安心で大いに助かっています。

    小林 ①リフォーム:費用の持ち出し不要でマンションをフルリフォーム、
    ②家具の演出:専任のインテリアコーディネーターが室内をモデルルームのように演出
    ③売却保証:万一、売れない時はリフォーム費用も含めて東急リバブルが購入
    の3つのポイントですね。
    ※「アクセル君」のサービスの詳細は以下のサイトを御覧ください ⇒https://www.livable.co.jp/baikyaku/active/

    西川 中古のマンションは、所有者が売りたいと思っても、買い手への印象を良くすることが難しいのが実際です。築年数の経過などによって、住宅設備の修繕やリフォームに多額の費用がかかります。また、一般の買い手は、劣化したガランとした何もない部屋を見ても、どのような生活ができるのかイメージできるはずがありません。「アクセル君」は、そんな売る側・買う側のさまざまな課題を、ワンストップで解決してくれる画期的な仕組みだと思います。

    小林 買主様にとっては、お部屋探しの際、内装の印象が悪いと正当な判断が難しくなりますし、購入した後のリフォームのことも考える必要が出てきます。費用面もさることながら、リフォーム会社探しに始まり、リフォーム内容を一つ一つ決めるのにも時間が掛かりますので、お引越しできる時期にも影響が出てきます。その結果、なかなか成約に結びつかないこともあります。

  • 小林 俊一|写真01

    西川 たしかに、中古マンションのリフォームは、売る側にとっても買う側にとっても、切実で悩ましい課題ですね。

    小林 はい。売主様が早く売却する方法としては、買い取り専門の不動産会社に現状のまま買い取ってもらう方法もあります。しかしながら、その不動産会社は買い取った後にリフォームして付加価値を付けた上で再販売するビジネスモデルのため、一般的には個人の買主様に向けて売却するより割安の売却価格になってしまいます。

    西川 いわゆる、買い取り再販業者ですね。急いで売却したい人には良いでしょうが、少しくらい時間がかかっても少しでも高値で売りたい人には不向きでしょう。

  • 小林 ええ。そこで、「アクセル君」は、売主様にとってはご納得いただける金額でのご売却、買主様にとってはリフォームに関わるお悩みの解消を、不動産仲介会社としてお手伝いできないかと想い考案した仕組みです。

    西川 私もいくつか中古のマンションを購入した経験がありますがリフォームは大変でした。リフォーム業者探しに始まり、工事内容を交渉して契約して発注し、資金繰りも考えねばならない。特別なセンスで部屋を自分で造り替えたい人をのぞけば、一般的には、売る側の方で、買う側が、ある程度、納得できて安心できるリフォームをほどこしてくれた方が助かるでしょう。

    小林 そんな売主様、買主様のニーズ・ウォンツを徹底的にリサーチして集約し、双方の資金的・精神的な負担を可能な限り軽減していただくべく、プロフェショナル集団がトータルにサポートさせていただくサービスが「アクセル君」です。

  • 西川りゅうじん氏・小林 俊一|対談風景01

    西川 「アクセル君」は、売り手が、売却前のリフォームや家具や調度品のステージングにかかる費用の持ち出しがなく、所有する不動産の価値を向上させ、より高値で売却できる仕組みとのことですが、実際、いくらくらい高く売れるのですか?

    小林 2019年の夏までに実際に使っていただいた20件ほどの「アクセル君」のご利用データを平均すると、東急リバブルが保証する「売却(買取)保証額」に対して、最終的におおむね1割増しの金額で成約に至っています。リフォームせずそのまま査定価格で売却する場合に比べて、売主様のお手取り金額は、平均して316万円ほど多くなっています。

  • 西川りゅうじん氏・小林 俊一|対談風景02

    西川 300万円以上とは大きな額ですね!住み替えを考える時は、たいてい、子どもの進学や就職、自身の転職や昇進、定年、親の介護といったライフステージの節目で、いろいろな出費が重なることが多いものです。それだけのお金があれば、子どもの学校の入学金に使うこともできますし、リタイア後にアウトドアやレジャー用のSUVを買う余裕もできますね。

    小林 それこそが私ども東急リバブルが「アクセル君」をスタートした狙いであり喜びです。

  • 西川 「アクセル君」とは、言わば、売り手、買い手の双方にとって家族の人生のロードマップ上を、積極的に、かつ、安全運転で“アクセル”を踏むための、たよれるプロのナビゲーターですね。

※本対談は、2019年6月に実施されました。本文記載のサービス内容やサービス実績、法令内容、対談者の肩書き等は対談実施時点のものです。

PROFILE

  • 「アクセル君」をはじめ、不動産売買の新しいカタチを提案 小林 俊一 東急リバブル 流通事業本部長
    取締役常務執行役員 小林 俊一

    1988年東急リバブル入社。2019年4月より現職。「アクティブ売却パッケージ」などの新サービス開発や、都心ハイグレードマンションの仲介に特化した新組織「GRANTACT(グランタクト)」の立ち上げなどに携わる。



  • モリゾーとキッコロ・せんとくん・ヒルズ・焼酎ブームの仕掛け人 西川 りゅうじん 拓殖大学客員教授
    マーケティングコンサルタント 西川りゅうじん

    1960年生。一橋大学卒業。大学在学中に企画プロデュース事務所を起業。マーケティング戦略のエキスパートとして長きにわたり第一線で産業と地域の元気化に手腕を発揮している。モリゾーとキッコロ、せんとくん、つくばエクスプレス、焼酎ブーム、ジュリアナ東京などの仕掛人として知られる。財務省、経済産業省、国土交通省、観光庁をはじめ政府や各地自治体の諮問委員会の座長や委員を歴任。