首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

タワーマンション特集

地上20階以上のタワーマンション(高層マンション)を検索いただけます。

検索方法を選ぶ

タワーマンションの魅力

窓の外に広がる圧倒的な眺望や開放感。そして、厳しい耐震基準や建築基準、防災センター等の設置基準をクリアした安全性。居住空間において、こうした高いクオリティを誇るタワーマンションは、まさに現代の憧れの住まいといえます。
ここで、タワーマンションの魅力についてご紹介してまいります。

美しい眺望と心地よい開放感 美しい眺望と心地よい開放感

1.美しい眺望と心地よい開放感

タワーマンションの魅力といえば、何といっても上層階からの眺望が挙げられます。 一般的に、高さ60m以上、階数にして20階建て以上のマンションのことを「タワーマンション」と呼ぶとあって、上層階には四方に遮蔽物がないことが多いため、眺望が良く、広々とした開放感を享受できます。 また、採光性に優れているため室内が明るく、また風通しが良い点もメリットといえます。ちなみに、日当たりが良くないと思われがちな北側の住戸であっても、採光性が比較的良い点はタワーマンションならではといえるでしょう。
こうした様々な魅力がタワーマンションの快適な住環境を形成しています。

共用施設や設備の充実 共用施設や設備の充実

2.共用施設や設備の充実

総戸数におけるスケールメリットを活かし、共用施設の充実が図られている点もタワーマンションの特徴の1つです。
例えば、上層階に多くみられる専用ラウンジのほか、フィットネスルームやキッズルーム、来客の宿泊が可能なゲストルームなどが挙げられ、住民の快適な暮らしをサポートしています。 また、建物内において、内廊下の構造となっている場合は雨の日や夏の暑い日でも快適なほか、地下駐車場がある場合はダイレクトに利用できるメリットがあります。
設備面では、管理人室のほか、防災センターが併設され、24時間有人管理を行うケースも多くみられます。この場合、マンション内を警備員が定期的に巡回したり、防犯カメラで常時監視するなど、きめ細かい管理により、いつも安心して暮らすことができます。
さらに、災害時の備蓄(備蓄倉庫の設置や簡易トイレなど)に対応するマンションも近年増えてきており、有事の際にも安心です。

利便性に優れた立地 利便性に優れた立地

3.利便性に優れた立地

タワーマンションを建設する際には、それ相応の敷地の広さが必要となることから再開発エリア等に建てられることが多く、交通施設や商業施設、公共施設が併せて整備されるといった場合、利便性が非常に高い立地条件であるといえます。
また、敷地に関連し、タワーマンションには高さに応じた公開空地が必要となる場合が多く、この場合、公開空地を利用した災害時の対応プランや避難経路が確保されているケースも見受けられます。
なお、敷地のほか、建物についても、高層のタワーマンションでは通常より厳しい耐震基準や建築基準をクリアする必要があることから、免震構造や制震構造を取り入れた建物が多くみられる点において、防災面で安全な環境といえます。
こうした総合的な評価の高さが人気を博し、タワーマンションの資産価値を下がりにくいものにしています。