Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

賃借建物のエアコンを修理してほしいと要求しましたが、応じてもらえません。どうしたらいいでしょうか?

Q.ご相談内容

賃貸に元々設備されているエアコンが壊れ、見積もりもとり大家に何度も連絡しているが2ヶ月うやむやにされ、大家と共通の知人に相談した。
その結果、その知人を介したことにより恥をかかされたと激怒した大家に2ヶ月後には退去しろと言われた。

また家賃を減額してもらっているが、それをなしにして今後正規の家賃払うならエアコン修理を検討すると言われた。同じ賃貸に住む他の方は正規の金額で家賃払っていて、同じ時期に同じエアコンが壊れたが直してもらえずにいる。エアコンは14~5年前の古いもの。この場合ただ退去するしかないのか。

ちなみに契約書を確認したところ4ヶ月前に切れている。が、一切大家から更新等の通知はなかった。入居時は不動産屋を介してると話していたのに、現在トラブルになったので不動産屋を教えてほしいと言ったら辞めてしまったからないと言われた。

A.東急リバブルからの回答

まず、契約書上、エアコンの修繕義務は貸主とされておられますでしょうか。

通常は、エアコンの修繕は貸主の義務とされていることが多いと思います。本件の場合は、貸主に修繕義務があると仮定すると、その義務を果たしていないので、それで「恥をかいた」として退去しろというのは、まったく認められない主張となります。

また、契約期間が切れているとのことですが、普通賃貸借の場合には、何もなければ、そのままの条件で更新されることが前提となっておりますので、契約書がなくても、契約が自動的に更新されていると考えて差支えございません。
ただ、このような貸主の物件に住み続けるのも、今後様々なトラブルが想定されますので、たとえば、「退去するが、引っ越しなどの退去費用を出せ」といった交渉をし、退去を検討されるのも一つの選択肢だと思います(そもそも貸主のわがままな都合による退去については、少なくても、退去費用について貸主が持つべきというのが、過去の裁判での考え方です)。

ご相談への回答について

「不動産なんでもネット相談室」は、実際にお客様より相談いただいた内容に、東急リバブルが中立的な視点で回答した内容を記載しております。不動産に関してご不明点がありましたらご参考ください。