Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

契約完了後に売買代金の変更を要求されました。どうしたらいいでしょうか?

Q.ご相談内容

以前作成した売買契約書の売買金額について、数年後に変更することは可能ですか?

親族間での土地の売買ですが、トラブルを避けるため、不動産仲介業者立ち会いのもと、売買契約書を作成しました。
契約、引き渡しなどした時は特に問題なかったのですが、数年後、売買とは関係ない部分で不仲となり、買主が売買金額について変更を申し立ててきました。

売買金額などの条件を決めたのは売主買主であり、仲介業者は関わっていません。(契約書の作成をしてもらいました)

 ①そもそも買主の主張に応じる必要があるのか

 ②売主買主とも合意があれば2~3年経った後に契約のやり直しができるのか、また、その手続き方法について。

 ③当初、不動産仲介業者立ち会いしているが、やり直す際に立ち会いが必要なのか。(仲介料など追加費用は?自分たちで契約のやり直しができるのか)

A.東急リバブルからの回答

売買価格を後からさかのぼって変更することは、法的には可能です。

しかし、売買当時、不動産取得については、税金が発生していると思います。売買価格を基準として産出された税金を後から修正することができるのかどうかについては、税理士に確認をなさった方がよろしいかと存じます。

数年たっているということで、税務上難しいといわれてしまう可能性はあると思います。数年たって売買価格を変えるということは、取引当時どのような基準で価格を決定したのかということについて、税務当局から不審にみられてしまう可能性もあると思います。

ちなみに不動産業者の立ち合いは必須ではないですので、それで当時の仲介手数料が変わるといったこともありません。

取引当時は納得して価格を設定し、取引をしたわけで、その後の不仲を理由に、売主が物件価格を変更しろという主張は相当無理があるように思います。

買主としては簡単に承諾をするべきではないですし、必要であれば、お近くの無料法律相談などを利用して、弁護士などにご相談をされてもよろしいかと存じます。

ご相談への回答について

「不動産なんでもネット相談室」は、実際にお客様より相談いただいた内容に、東急リバブルが中立的な視点で回答した内容を記載しております。不動産に関してご不明点がありましたらご参考ください。