鑑定評価と査定額の違いは?

鑑定評価と査定額の違いは?

『価格査定』とは、売主(依頼者)が売出し価格を決める際に、不動産業者が宅地建物取引業法第34条の2の第2項に基き“意見”として、根拠を基に売主に提示するものです。不動産業者のサービスの一環であり、無料で行なわれています。※あくまでも参考価格であり、関係当事者間のみに通用するものです。
これに対し、『鑑定評価』は、不動産鑑定士が鑑定評価基準に基き、多角的な視点で適正な価格を判定するものであり、評価報酬が発生します。
※『鑑定評価』は信頼性が高く、関係当事者間だけではなく第三者や公的機関にも通用します。

弊社においても不動産鑑定士による鑑定評価算出を承っております。
東急リバブル(株)鑑定課:03-3463-5740

関連キーワード:」「