投資用

  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

東急リバブルがおすすめするアメリカ不動産投資

アメリカの不動産が
いま熱い理由。

  • 好調が続く
    アメリカの
    不動産市場

  • リスクヘッジの
    ための
    資産分散

  • 減価償却に
    よる税効果

アメリカの不動産を取得する
目的と狙い。

目的と狙い 1 好調が続くアメリカの不動産市場。

2000年比で約2倍の
全米住宅価格指数

『S&Pケースシラー全米住宅価格指数』とは、アメリカの不動産価格推移を表す指標でアメリカの景気判断を行う上で重要視されています。この指数は2000年1月の価格を100として算出されており、2018年10月時点の指数は2000年1月時点の約2倍になりました。

出典:S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス(https://japanese.spindices.com/)を加工して作成

上昇し続ける
アメリカの賃貸価格指数

1982年から1984年の水準を100とした場合の指数です。2018年7月時点では、約3.2倍となりました。1984年から毎年約3%〜5%ほど値上がりしており、今後も継続して上昇すると考えられます。

出典:『CPI-すべての都市消費者(現行シリーズ)・米国の都市平均でのプライマリレジデンスの賃貸料指数)』アメリカ労働統計局(https://beta.bls.gov/dataViewer/view/timeseries/CUUR0000SEHA)を編集・加工

目的と狙い 2 リスクヘッジのための資産分散

円建て資産しか所有していない場合は、日本だけに全額投資していることになります。この状態では、円相場の変動による資産の目減りを回避できません。そのようなリスクに備えるためにも、投資対象の分散が重要になります。資産の一部を米ドル建てにすると、円安時の目減り分を補うことが期待できると同時に、世界最大である米国市場での資産運用が可能になります。

出典:『1995-2016年の通貨別外国為替取引高』、国際決済銀行(https://www.bis.org/publ/rpfx16.htm?m=6%7C381%7C677)を加工して作成

目的と狙い 3 減価償却による税効果

アメリカの不動産は中古物件でも価値が下がりにくく、建物比率が高い物件が多くあります。建物の価値が築年数の経過と共に減少する日本の不動産と比較すると、より多くの償却メリットを享受できるため、税効果が期待できます。

  • ※日本の税法により、賃貸借に供していることが、減価償却費を計上する条件となります。
  • ※償却メリットは、毎年の個人所得額に応じて異なります。

東急リバブルがご提供する
運用開始から売却まで
安心サポート。

東急リバブルでは、日本の営業部門と現地法人が密接に連携し、両者の多彩なネットワークとノウハウを元にした、安心のサポート体制をご用意しています。投資効果の最大化に向けて、きめ細やかなサポートで資産運用をバックアップいたします。

  1. 1 個別相談

    投資目的から運用、
    収支などの詳細を確認

    アメリカ不動産に関するご質問をはじめ、具体的な購入計画から運用、売却までの詳細を検討。

  2. 2 物件選定

    条件にマッチした
    物件のご提案

    現地に詳しい日本人スタッフが、現地情報も交えながらキャッシュフローをご提案。その後、運用効果が望める物件を決定。

  3. 3 融資

    金融機関のご紹介

    ご紹介先の金融機関にて、借入金利や融資可能金額をご相談いただきます。

  4. 4 ご契約

    公正な第三者機関が対応

    現地の公正な取引システムに則り、東急リバブルがサポートいたします。慣れない取引形態でも安心です。

  5. 5 賃貸運用

    賃貸管理会社のご紹介

    信頼できる現地の賃貸管理会社をご紹介。弊社が運用サポートするため、英語ではなく日本語での対応が可能です。また、賃料受取口座開設も合わせてサポートいたします。

  6. 6 税務処理・対策

    税務に関するご相談

    日米の税務に精通した税理士をご紹介します※。日米確定申告に必要な個人用納税者番号「ITIN」の取得もサポート。また、減価償却・売却時の税金についてもサポートいたします。

    • ※購入後は米国での確定申告が必要になります。
  7. 7 売却

    流動性が高いアメリカ市場で
    スムーズに売却

    購入から数年後に売却する際も、東急リバブルがサポート。

    • ※上記のフローは一例であり、状況により異なる場合がございます。

アメリカ不動産の投資ビジネスは
東急リバブルにお任せください。

お問い合わせ窓口

東急リバブル株式会社
海外事業部

0120-941-917
  • 緑川 光一
    係長
  • 西村 英俊
    主任
  • 大倉 隆幹
    主任

専門スタッフの私たちが
ご対応いたします

本社

〒150-0043
東京都渋谷区道玄坂1丁目9番5号

米国法人

  • 米国本社
    米国本社 Tokyu Livable US,Inc.
    住所:12100 Wilshire Blvd., Suite1650, Los Angeles,CA 90025
    代表者:小室 明義 Akiyoshi Komuro
  • 米国子会社
    米国子会社 Tokyu Livable Texas Investment Advisors,LLC
    住所:7800 Dallas Parkway, Suite 115 Plano, TX 75024
    代表者:土田 尚吾 Shogo Tsuchida