現在賃貸で暮らしていますが、住宅(一戸建)の購入時期について悩んでいます。

現在賃貸で暮らしていますが、住宅(一戸建)の購入時期について悩んでいます。
また、一戸建てを購入する前に、安いリノベーション済み中古マンションを購入し、5〜10年後に売却して一戸建てを買おうかとも考えています。
なぜかというと・・・
・今の住まいがとても古くその割に賃料が高いことから、どうせ同じくらいの出費であればリノベーション中古マンションを買ったほうが得なのではないか。
・中古でも、築後30年越えているものであれば5〜10年後もそこまで価格が変わらないのではないか。
・都心まで30分以内で行けて、駅近物件なら5〜10年後も需要がありそう
以上の点で、中古マンションを購入し、将来売却しても運が良ければ少し利益がでるか、損をしたとしても少しで収まりそうかなと思っています。
しかし、それよりも今の賃貸に住んで貯蓄を続けて一戸建てを購入したほうが良いのでしょうか?
上記のような買い方はリスクが高すぎますか?

将来的な価格の変動について予想することはきわめて難しいため、回答はいたしかねますが、「賃貸で家賃を支払い続けても、自分のものになるわけではないので、もったいない」と考え、ご購入を検討される方が多いのも事実です。
相場の下降だけでなく、購入と賃貸を天秤にかければリスクは購入のほうが大きいです。
一度購入してしまうと、相隣関係でトラブルが起きても賃貸と比較しても金銭的な事情で引越ししづらいということがあります。
また、賃貸に住みながら貯蓄を増やしたほうが良いか否かについてですが、貯蓄を増やす=頭金が増える=借入額が減る(又はより高い不動産の購入が出来る)ということになるので、いくらの不動産を購入するか(月々の返済額をいくらにするか)によって決まってくるのではないでしょうか。

関連キーワード:」「」「」「」「