Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

マンションや一戸建てを貸すときの流れ / STEP3

契約準備・ご契約

ご契約時に貸主様にご用意いただくものがございます。借主様には所定の書類をご提出いただいております。

1

ご契約時までに必要なもの

借主契約時までには、以下の書類等をご用意ください。

ご契約時までに必要なもの

貸主様にご提出頂く書類

1.第三者使用に関する届出書等 (マンションの場合)

・入退去届、誓約書、借主名簿等 
・補修工事申請書、引越し作業承諾書等
1部…マンションの管理組合へ提出の必要がある場合

※区分所有者の欄にご署名捺印の上、ご用意ください。借主決定時に当社から管理組合へ提出いたします。

2.取扱説明書 (現地保管)

1セット…ご退去の際、目につくところへ残してください。

※原本紛失のご心配があれば、コピーをご自身でご用意ください。

不動産取引 Q&A 貸す編

Q. 仲介手数料は、誰が支払うのでしょうか?

A. 宅建業法では、居住用については貸主様・借主様各々賃料の0.5ヶ月分以内(税別)となっております。ただし依頼にあたって承諾があれば貸主様・借主様の合計額で賃料の1ヶ月分以内(税別)と規定されております。

不動産取引Q&A 貸す編の質問を見る

2

借主様にご提出頂く書類

借主様より入居申込をいただいた際に、
その事実確認のため、下記書類を
ご提出いただいております。

借主様にご提出頂く書類

借主様にご提出頂く書類

借主様の身分証明書(運転免許証・従業員証明書・パスポート等)

借主様の収入証明書

連帯保証人様の印鑑証明書と実印

※保証人不要プランご利用の借主様にはご提出頂いておりません。

法人契約の場合、会社概要(パンフレット)、会社謄本、会社印鑑証明

上記の他に、貸主様のご希望により必要な書類がある場合には、担当者に別途ご相談下さい。

3

仲介手数料について

賃貸借契約が成立した際に、
不動産会社へ支払う手数料です。

仲介手数料について

chapter 1居住用賃貸物件

賃貸借契約が成立した際に、不動産会社へ支払う手数料の額を金額または賃料の1ヶ月分の倍数で表示しています。
宅建業法では、居住用については貸主・借主各々賃料の0.5ヶ月分以内(税別)となっております。ただし、依頼にあたって承諾があれば貸主・借主の合計額で賃料の1ヶ月分以内(税別)と規定されております。

chapter 2オフィス賃貸物件

賃貸借契約が成立した際に、不動産会社へ支払う手数料の額を金額または賃料の1ヶ月分の倍数で表示しています。
宅建業法では、貸主・借主の合計額で賃料の1ヶ月分以内(税別)と規定されております。