首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

所有土地に係る戸建分譲事業の勧誘について教えてください。

Q.ご相談内容

分譲住宅にして売り出してありました。
即に人が住んでいます。この場合、売却は完了してますか??
不動産に土地だけの売却を頼んで、売れないから分譲住宅にしませんか?と言われるのは何故ですか?
その場合、売れるまでは土地は売主のものとなるのですか ?
分譲住宅にして売れた場合、売主側には土地代はどのように計算されるのでしょうか。
分譲住宅にするときは、契約書のようなものを記入する必要があるのでしょうか。

A.東急リバブルからの回答

人が住んでいるということは、すでに物件の引き渡しが終わっている状態ですので、売却は完了していることになります。
分譲地としての売却については、土地を将来分譲住宅を建てることを予定して土地を売却することです。売却後、ハウスメーカーなどが建物を建てますが、ハウスメーカーが土地を事前に購入して住宅を建てる方法や、土地を購入せず、売れるのを待ってその上に建物を建てるなどの方法がありますので、所有権の有無もそれによって変わってまいります。
また、建物を建てた場合でも、あくまでも土地の売買ですから、その土地のみが売却価格の対象となります。
土地の売買といった非常に高額な売買については、かならず契約書を書面でやりとりすることになります。
このあたりのご質問については、もし土地の売却を検討されているのであれば、仲介会社の担当者に聞いていただけばより詳細なことを教えてくれるはずです。

ご相談への回答について

「不動産なんでもネット相談室」は、実際にお客様より相談いただいた内容に、東急リバブルが中立的な視点で回答した内容を記載しております。不動産に関してご不明点がありましたらご参考ください。