認知症の母を代理した不動産売却はできますか?

両親名義の土地家屋。両親老人ホームに入り無人のため、父が売りたいと。
ただ母が認知症です。娘が売却できますか?
後見人制度利用せずに売却できますか?

認知症といっても症状はいろいろですが、取引において必要程度の判断能力がない状態に進行しているとすると、後見人制度を使わずの売却は難しいです。
たとえば、ご両親名義の土地を、どちらかの単独の判断で売ることはできず、必ず、共有名義者全員の(本件で言えばお母様)同意が必要になります。しかし、そのような行為に同意を与えるだけの能力がないのであれば、後見人を立てたうえで、後見人の判断を仰ぐ必要がございます。
また、後見人を立てたとしても、居住用財産については、民法上、家庭裁判所の許可が必要とされております。後見人や、それ以外の人たちの判断だけでの売却は認められておりません。
このように、土地を売るまでにはいくつかの手続きを経る必要がございます。
司法書士や弁護士など、法律の専門家に、後見人制度に関する手続きなど、ご相談されたほうがよろしいかと存じます。

関連キーワード:」「」「」「」「」「