Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

建物賃借契約連帯保証人が死亡した場合について教えてください。

Q.ご相談内容

賃貸マンションを退去後に連帯保証人が死去しました。
現状回復費用を請求されてるのですが、払えない場合こういったケースはどうなるのでしょうか?

A.東急リバブルからの回答

連帯保証人が死亡した場合には、その相続人が連帯保証人の立場も相続をすることになります。
したがって、原状回復費用の債務は、賃借人および、連帯保証人の相続人が負うことになります。

ご相談への回答について

「不動産なんでもネット相談室」は、実際にお客様より相談いただいた内容に、東急リバブルが中立的な視点で回答した内容を記載しております。不動産に関してご不明点がありましたらご参考ください。