首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

管理会社を設立し客付けしたい。会社勤めの副業として行えるのでしょうか?

Q.ご相談内容

母の土地に住宅併用賃貸物件を建築し、その後管理のための会社を設立しようと考えております。
これから宅建の資格を取得する予定です。そこで自分が専任の主任者として登録し、設立した会社で客付けしたいと考えております。現在の会社勤めの副業としてやることは可能でしょうか?

A.東急リバブルからの回答

「専任の取引主任者」とは、その事務所に「専任」の状態で業務に従事しなければならないこととされております。「専任」とはどのような状態のことを指すかと言うと、事務所に常勤し、専ら宅地建物取引業の業務に従事していることをいいます。 例えば、他の宅建業者の事務所の代表取締役や常勤の役員を兼任したり(非常勤としては兼任可能)、他の会社の業務に従事している場合や、世間一般的な営業時間に宅建取引業の事務所に勤務することが出来ない状態であったり、また通勤が不可能な遠隔地に住んでいる場合などには、宅地建物取引業の「専任の取引主任者」の要件を満たすことはできません。

ご相談への回答について

「不動産なんでもネット相談室」は、実際にお客様より相談いただいた内容に、東急リバブルが中立的な視点で回答した内容を記載しております。不動産に関してご不明点がありましたらご参考ください。

関連キーワード

東急リバブルの「不動産なんでもネット相談室」は、どなたでも(個人・法人・宅建業者問いません)無料でご利用いただける不動産相談窓口です。お気軽にご相談ください。

東急リバブルへのご相談はこちら
(不動産なんでも相談室TOPへ戻る)