首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

商談中の土地を他者に売却されたのですがどうしたらよいでしょうか。

Q.ご相談内容

土地購入を検討しており、売主である不動産会社に出向き、商談中にしておくと口約束しました。電話番号は聞かれなかったため、名字のみ伝えました。後日、同不動産会社に契約手続きをするため出向いたところ、他の人がその土地を購入したとのことでした。商談中にはしていたが、電話番号を教えてもらってないので連絡できなかったとのこと。あまりに不誠実だと感じるのですが、なすすべはないのでしょうか。

A.東急リバブルからの回答

商談中であったとしても、不動産業者に聞かれなかったとはいえ、名字しかお伝えしていなかったとなりますと、不動産業者に対して、購入意思を示した、つまり、本物件に対して購入の予約を入れたというような状況には法的には認められない可能性が高いと思います。 このような状況の中で他者に物件が売れてしまうということは、不動産売買では度々あることであり、今回の不動産業者と、どのようなやりとりを具体的にされていたかはわかりませんが、残念ながらこのような場合に不動産業者に何らかの請求をすることは法的には難しいように思います。

ご相談への回答について

「不動産なんでもネット相談室」は、実際にお客様より相談いただいた内容に、東急リバブルが中立的な視点で回答した内容を記載しております。不動産に関してご不明点がありましたらご参考ください。

東急リバブルの「不動産なんでもネット相談室」は、どなたでも(個人・法人・宅建業者問いません)無料でご利用いただける不動産相談窓口です。お気軽にご相談ください。

東急リバブルへのご相談はこちら
(不動産なんでも相談室TOPへ戻る)