Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

公示地価・基準地価・路線価の違い、それぞれの用途などをまとめました

カテゴリー: 相場について

その他の関連キーワード:
公示価格路線価公示地価基準地価

公示地価(公示価格)・基準地価・路線価とは何ですか?

①公示地価(公示価格)
「公示地価」は、公示価格とも言い、2人以上の不動産鑑定士が鑑定しそれぞれの鑑定結果を加味した上で決定され、毎年1月1日の評価が、3月中旬頃に公表されます。基本的に対象は都市計画区域内となっていますが、都市計画区域以外でも不動産の取引が行われると予想される土地に関しては鑑定が行われます。

公示地価は公共事業用地の取得価格算定の基準となり、「一般の土地取引価格に対する指標となること」などが目的とされているため、その土地のもつ価値を最大限に評価するよう鑑定が行われます。

このように取引に有効となる評価が求められているため、売主様・買主様のどちらかに偏ることのない中立な評価と捉えることができます。

②基準地価
「基準地価」は、各都道府県が主体となって毎年7月1日の評価が9月20日頃に公表されます。基準地価の評価方法は公示地価とほぼ同じですが、都市計画区域内以外も含まれる点、公示地価では2人以上である不動産鑑定士が1人以上という点が異なります。

一部公示地価と同地点での評価もあるため、1月1日時点の「公示地価」と7月1日時点の「基準地価」を比較することによって半年ごとの評価の動向を計ることもできます。

③路線価
路線価は公示地価の約8割が評価額の目安とされており、2つに分けられています。

一般的に「路線価」といわれているのが「相続税路線価」で、相続税や贈与税を算出する際に用いられる評価額となります。
一方、土地の固定資産税評価額を決める基準となる路線価は「固定資産税路線価」と呼ばれています。

路線価は一定の距離内での価格となり国税庁によって決定されます。個々の土地に関しての価格は、路線価を基準に土地の形状に応じて決められていきます。

詳しくはこちらをご確認ください。
路線価・公示地価・基準地価って何ですか?|よくあるご質問

公示地価(公示価格)・基準地価・路線価の違いは何ですか?

公示地価・基準地価・路線価の違いとしては、公開元や基準日、算出方法などが異なります。

①公示地価(公示価格)
公開元:国土交通省 土地鑑定委員会
公開日:毎年3月中旬~下旬
基準日:毎年1月1日時点
算出方法:2人以上の不動産鑑定士が鑑定しそれぞれの鑑定結果を加味した上で決定
対象:都市計画区域内。不動産の取引が行われると予想される土地

②基準地価
公開元:都道府県知事
公開日:毎年9月中~下旬
基準日:毎年7月1日時点
算出方法:公示地価とほぼ同じ、不動産鑑定士が1人以上
対象:都市計画区域外も含まれる

③路線価(相続税路線価)
公開元:国税庁(国税局/税務署)
公開日:毎年7月1日(H20以降)
基準日:毎年1月1日時点
算出方法:地価公示価格の8割が目安
対象:全国の標準宅地数約34万地点

詳しくはこちらをご確認ください。
路線価とその他の公的価格(公示地価等)との違い(公表時期屋算出方法など)

公示地価(公示価格)・基準地価・路線価はどのようなときに利用するのですか?

公示地価・基準地価・路線価の使用用途は、以下のようになります。

①公示地価(公示価格)
公共事業用地の取得価格算定の基準。一般の土地取引価格に対する指標となること。

②基準地価
地価公示と調査時点及び対象区域において、相互に補完関係にある。

③路線価(相続税路線価)
相続税や贈与税を算出する際に用いられる評価額。

これらの公的価格を大まかな土地価格の目安として利用することもできます。この場合は「路線価」を使うことが多いです。「公示地価」や「基準地価」は土地の取引価格がもとになっていますから、そのまま土地価格の目安になります。しかし、全国で2万数千か所と調査地点が限られており、ご自宅やご所有の土地が必ずしも調査地点であるとは限りません。路線価は道路に付され全国の標準宅地数約34万地点が対象なので、土地の前面道路の最新の路線価を調べれば計算ができるのです。路線価は公示価格に対し80%程度の価格水準に設定されているので、0.8で割り戻すことで公示価格の水準(路線価÷0.8)に修正し、ご所有の土地価格の目安とすることができます。

詳しくはこちらをご確認ください。
路線価とその他の公的価格(公示地価等)との違い(公表時期屋算出方法など)
鑑定士コラム:第2回 中古戸建住宅の価格を知ろう~土地編~-3

その他の関連キーワード:
公示価格路線価公示地価基準地価

査定について、
お悩みですか?
お気軽にご相談ください

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。

山口 智充

無料売却査定はこちら

不動産会社もお客様の声で選ぶ時代 東急リバブルを利用されたリアルなお客様評価を公開! 不動産会社もお客様の声で選ぶ時代 東急リバブルを利用されたリアルなお客様評価を公開!

「公示価格とは」
に関するお客様の声

お客様評価

5
I様
I様 2020年1月6日

初めて信頼できる人に会えたと思いました

土地を売りたいと思いましたが、どうしてよいかわからず、知人に紹介された不動産屋さんにお願いしたところ、雑な対応で、私の気持ちを考慮することなく、自分たちの利益のためだけに動いているような不信感を覚え、そこはお断りしました。
次に相談した不動産屋さんは、調子の良い事ばかり言って先を急ごうとしているように感じ、どうしたらいいのか?と途方に暮れていたところ、3番目に訪ねたところが東急リバブルさんでした。
最初からとても丁寧な対応で、ここなら大丈夫か?と思いましたが、先の2件があったため慎重に事を運びたいと思っていました。
担当者さんは、土地の相場や地価、最近の動向等、具体的な資料を作成して分かりやすく説明してくれました。
それは、先2件の不動産屋では、一切ありませんでした。
いつもとても丁寧で真摯・迅速な対応、時間も常に正確で私の気持ちに寄り添って下さり、初めて信頼できる人に会えたと思いました。
プロとしてもアドバイスも的確でした。
不動産売買という人生の中での大変な一大事で、一緒に動いていただいて本当に良かったと思います。
売買後のアフターケアも良く、いろいろなサービスもあり、助かりました。
ありがとうございました。

東急リバブル

センターからの返答

この度は、弊社をご利用いただき誠にありがとうございました。
今回のお買い換えに際し、少しでもI様の不安を払拭できるよう努めて参りました。
数ある不動産会社の中から、思い入れのあるご自宅の売却を弊社にお任せいただけたこと、またお褒めのお言葉をいただけたことを大変光栄に思います。
今後とも、弊社をご愛顧のほど宜しくお願い申し上げます。

お客様評価

5
Y様
Y様 2019年6月18日

売却が決まるまでに、10年以上の期間を要しました

私の土地は売却時期を失したため、今回の売却が決まるまでに、10年以上の期間を要しました。
購入した時期がバブルの時であったため、その後の地価低下で売却の決断がなかなかできませんでした。
結果的には、元々この土地を購入するときのその利用の仕方に充分配慮せずに、時の流れに任せて購入したことが間違いであったことになります。
不動産は高額だけに、購入に当ってはいろいろな角度から専門的な見識と物の考え方を客に助言していただけるとありがたいです。
客に何とか買わせるというのではなく、客がいろいろな角度から考えて購入の是非が判断できるようにしていただけるとうれしいです。

東急リバブル

センターからの返答

この度は、数ある不動産仲介会社の中から、弊社にご売却のご相談をいただきまして誠にありがとうございました。
いただきましたお言葉の通り、前任担当者の販売期間を含めますと、成約までに10年超という長い時間がかかってしまいましたことを、改めてお詫び申し上げます。
弊社の人事異動の関係もあり、売却期間中に担当者が何度も変更になり、ご不安にさせてしまったこともあったかと存じます。
そのため、私自身まだまだ未熟者ではございますが、私が担当を務めさせていただきました1年間は、精一杯できることを全てお手伝いさせていただいたつもりでございます。
その結果が今回の成約に至ったのだとY様にご満足いただければ、営業マンとしてこれほど喜ばしいことはございません。
今後、将来的に弊社にご相談をいただくお客様にも、ご満足いただけますよう日々精進して参りますので、何卒、よろしくお願いいたします。
お忙しいところ、アンケートのご協力ありがとうございました。

お客様評価

5
T様
T様 2019年4月23日

こんな信用できる営業マンを育てているのか

結果オーライです!
取引完了までにちょうど6ヶ月かかりましたので、当初の予定より長かった感は否めません。
しかし、それはリバブルさんや担当者のせいではありませんでしたから、待つしかありませんでした。
この間に売却を止めて賃貸にしようかと迷いましたが、担当者の、誠実で真面目過ぎるほどの人柄にうたれてとにかく一任することにしました。
ここ10年間で地価の上昇とともに、マンション周辺の環境も良くなったことも重なって、結果的に納得のいく取引ができました。
私たちは複数の担当者とお付き合いするわけではないので、一人の営業マンを通して、その会社を判断することになります。
今回の取引の場合、リバブル社(担当者さん)にして良かったと、もっと端的にいえば、他の会社にしなくてよかったと思います。
また、担当者とともに「売主」も成長していかなければならないと感じます。
全員がそうではないかもしれませんが、リバブル社というのは、こんな信用できる営業マンを育てているのかと、少々驚きをもっています。

東急リバブル

センターからの返答

T様
この度は、誠にありがとうございました。
長時間、かかってしまい申し訳ありませんでした。
しかしながら、よいお客様と巡り合っていただき、本当に良かったと思います。
私もT様のおかげで、成長できたと思います。
誠にありがとうございました。

査定について、
お悩みですか?
お気軽にご相談ください

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。

山口 智充

無料売却査定はこちら