Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

プラス耐震リフォーム

“プラス耐震”リフォームで、
地震に強い家に変身!

戸建て住宅をリフォームするなら、表面的に新しく変えるのではなく、「耐震性」についても考えましょう。
長く住みたい家だからこそ、万が一に備える耐震化は重要です。2004年(平成16年)新潟県中越地震

耐震化を考える場合のポイント

  • 建物が建てられた年月を確認する
  • 自治体に住宅耐震化情報や助成制度などを確認する
  • 耐震診断は信頼できる専門家に依頼する
  • 信頼できるリフォーム会社に相談する
  • 納得できる予算・耐震工事内容である

※1981年(昭和56年)6月、2000年(平成12年)6月に耐震基準に関する建築基準法の改正が行われました。

どこを、どうリフォームすれば耐震化ができるのか?

耐震リフォームを実施する箇所や内容は、住宅の状況によって異なり、費用も変わりますので、事前にしっかり確認しましょう。

基礎・構造

  • 地盤の状況が余程悪い場合は改善する必要があります。基礎に鉄筋が入っていても傷んだり、亀裂があったり、部分的に沈下している場合は、補強が必要です。

柱・壁

屋根・外壁

  • 屋根や外壁が重いほど、地震の揺れの影響を受けやすくなります。特に屋根が重過ぎると影響が大きく、重さに応じた耐力壁の壁量を確保する必要があります。

耐震診断から補強工事までの主な流れ

診断

専門家に診断を依頼。専門の調査員が、現地調査に基づき耐震診断を実施し、診断書を作成します。

補強設計

診断結果に基づいて補強工事のための設計を行い、費用の見積もりが提示されます。

補強工事

予算や工事時期などを決定し、工事を開始します。

TOPICS
「点検商法」には十分ご注意下さい!

昨今、高齢者を狙った悪徳リフォーム業者がマスコミを賑わしています。いきなり訪問してきて、耐震強度の不安をあおり、補修内容や見積もりをきちんと提示せずに、不要な補強材をいくつもつけたり、耐震性のない工事を行うといった事例が多数報告されています。耐震化工事は、物件の購入に合わせて信頼できるところで実施するのが安心・安全です。

資金計画はしっかりと。頼れるリフォーム会社に相談を!

物件購入費用+リフォーム費用となるため、新築物件購入時とは条件が異なる資金計画が必要です。現金で支払わなければならないものも多数あります。
中古物件のリフォームを決めたら、早めに金融機関に相談したり、信頼できるリフォーム業者と相談しながらプランを考えるなど、無理のない資金計画を立てましょう。

さらに詳しい情報はこちら