首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

よくある質問

不動産やマンションを売却する時の諸費用はどのタイミングで用意すればいいですか?

不動産を売却する際にかかってくる諸費用には様々なものがあります。また、マンション売却の場合、土地売却の場合というように、それぞれで支払うタイミングも異なってきますので、支払う段階で慌てることがないよう、事前に把握しておくとよいでしょう。ただ、この点に関しましても売主様の売却がスムーズに進むように東急リバブルではお手伝いさせていただきますのでご安心ください。

よくある質問_イメージ

諸費用とその支払いタイミング

売買契約締結時に必要な費用としては、主に売買契約書に貼付する印紙代や不動産会社に支払う仲介手数料などがあります。仲介手数料とは不動産会社に支払う報酬のこと。売買契約時では全額ではなく半金を支払うのが一般的です。

次に、残代金決済手続き時に必要な諸費用としては、抵当権の抹消費用と仲介手数料の残金が挙げられます。抵当権の返済することにより登記簿から抹消することです。

末梢とは、銀行などの金融機関から住宅ローンを受ける際に、不動産を担保に設定された抵当権を住宅ローンを全額仲介手数料の残金とは、売買契約時に支払った半金の残りということになりますので、この時点で仲介手数料の支払いが全て完了となります。

今までお住まいになられていた住宅を売却される場合は、次のお住まいに引越さなければなりませんので、引越し費用も必要となってきます。引越し会社は色々あって迷われるお客様も多いと思いますが、当社では提携する引越会社から無料で見積もりを手配し、ご希望に合った会社をご紹介することも可能ですので引越しに関してもお気軽にご相談ください。

最後に、残代金決済時に、固定資産税・都市計画税、管理費・修繕積立金など、年払い・月払いで先日付分を支払った費用各種を清算します。

blue allow確認しておきたい、不動産売却の諸費用や税金

ケースによってはかかってくる費用

土地が絡んだ売却をされる場合は、境界線が不明瞭だったりした場合、土地の測量が必要となるため別途測量費用が発生することになります。

その他、リフォームをしてから売却をする場合はそのリフォーム費用、お部屋の汚れが気になる場合はハウスクリーニング費用、古屋を解体して更地として売出す場合は建物の解体費用などがかかる場合があります。

このように不動産の売却時にかかる費用は売主様それぞれで異なる部分もあります。詳しくは東急リバブルの営業担当者までご相談ください。

よくある質問_イメージ

東急リバブルに寄せられた「よくある質問」

お客様の声
CONTACT

お気軽に
ご相談ください

山口 智充さん

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。