Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

路線価動向に関するデータ集

路線価の動向と変動要因は?横浜線 鴨居駅 周辺

鴨居駅周辺の路線価、近年の傾向は?

平成23年から28年の鴨居駅周辺・普通住宅地区の路線平均値をみると、平成23年から平成24年まではダウンしていましたが、平成25年から一転して、1.3%アップ、平成26年には3.9%アップと上昇しています。平成27年は横ばいとなったものの、平成28年には再び上昇し、路線価の平均値は16.3万円となっています。平成29年度は16.3万円で、前年度と変わらず横ばいに推移しました。平成30年度は16.3万円で、前年度と変わらず横ばいに推移しました。令和元年度は16.4万円で、前年度の16.3万円に比べ+0.3%とほぼ横ばいに推移しました。

鴨居駅周辺、普通住宅地区10地点の路線価の平均値推移(グラフ)

<10地点の内訳> ※令和元年

借地割合:60% 10地点 
地区種別:普通住宅地区 10地点

(単位:千円) 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年
平均値 154.0 152.0 154.0 160.0 160.0 163.0 163.0 163.0 163.5
前年比 -1.3% +1.3% +3.9% 0.0% +1.9% 0.0% 0.0% +0.3%
最大値 185 180 185 200 200 200 200 200 200
最小値 130 130 130 135 135 135 135 135 140

※平均値の算出方法 国土交通省の路線価図より、対象の駅の駅舎と駅名が表示されている路線価図を基準とし、表示範囲内の相続税路線価のうち、地区種別が普通住宅地区に該当する10地点を選出し、それらの平均値を算出した。参考として、選出した10地点の路線価の最大値と最小値、平均値の前年比変動率も合わせて算出した。

[参考]
令和元年分 横浜線 鴨居駅 周辺の路線価図 (財産評価基準書|国税庁)[PDF]

横浜線 鴨居駅周辺の路線価上昇の要因は?

鴨居駅周辺は鶴見川を挟んで緑産業道路沿いに大型の複合ショッピングセンターがオープンして以来、人の動きが活発になっており、路線価も安定しています。横浜上麻生道路に隣接し、交通アクセスも良いことから一戸建てエリアとして小規模開発の建売住宅等も多く供給されています。駅周辺及び、駅南側の一戸建てエリアにおいても今後大きな再開発の動きはないことから、路線価の推移は現状の流れを踏襲すると思われます。

(※本記事の内容は、2016年11月時点の情報に基づきます)

[関連情報:不動産鑑定士による不動産コラム] 
~東急リバブル不動産鑑定士が見る~「平成27年 相続税路線価」

不動産売却・査定のご相談は、東急リバブルへ

相続税路線価は公示地価の約8割が評価額の目安とされています。路線価は土地や一戸建てを売却するときの指標の一つではありますが、実際の査定価格は様々な要因を考慮して算出されます。

東急リバブルでは、さまざまな不動産売却関連サービスを取り揃えており、売主様のスムーズな不動産売却を後押しいたします。ぜひ、お気軽にご相談ください。

東急リバブルなら、無料で不動産の査定ができます。ぜひお気軽にお申し込みください

無料査定受付中

【お近くの店舗でも、売却や査定に関するご相談を承っております。お気軽にお立ち寄りください】

店舗> 鴨居センター 

 0120-974-432(フリーコール)
横浜線 鴨居駅 北口徒歩1分

神奈川県の県庁所在都市の最高路線価

神奈川県庁の所在都市である横浜で、令和元年分の最高路線価がついた地点は、「西区南幸1丁目 横浜駅西口バスターミナル前通り」でした。 平成30年の対前年変動率は+13.3%、令和元年の対前年変動率は+13.3%と、ここ2年間は13%を超えて大きく上昇しています。

[参考]
令和元年分_都道府県庁所在都市の最高路線価(全国)

所轄の税務署管内の最高路線価

横浜線の鴨居駅は、緑税務署管内です。緑税務署管内における最高路線価は、たまプラーザ駅の 126万円/1平方メートル)で、変動率は前年比+5.0%でした。

緑税務署管内の最高路線価を記録した横浜市青葉区美しが丘1丁目 たまプラーザ駅前通りは東急田園都市線たまプラーザ駅前にあり、東急田園都市線屈指の人気エリアとなっています。東急百貨店たまプラーザ店があり、その高いステイタス性で、神奈川県内でも憧れのエリアとなっています。

[参考]
令和元年分 東急田園都市線 たまプラーザ駅 周辺の路線価図 (財産評価基準書|国税庁)[PDF]

令和元年分 東京国税局各税務署管内における最高路線価 (対前年比率順、首都圏)

「路線価の動向と変動要因は? 横浜線 鴨居駅 周辺」に関連する記事

鴨居駅周辺の地域情報

※下記に掲載されている情報は2014年〜2016年に作成されたものとなります。
 現在の状況とは異なる場合がございますのでご了承ください。

鴨居駅の地域情報

JR横浜線鴨居駅は、新幹線の停車する新横浜駅まで2駅。横浜駅まで19分、渋谷駅まで36分です。鴨居駅前バスターミナルからは、市営バスと神奈中バスが運行していて、中山駅・十日市場駅・東神奈川駅・横浜駅方面など各方面へ向かう路線があります。深夜バスもありますので、遅い帰宅も安心です。駅を降りるとすぐ小中学校や自動車学校がある住宅地になっています。ファーストフード店やコンビニエンスストア、各種診療所やドラッグストア、大型スーパーなどの生活施設がここに集まっています。駅から徒歩7分のところには、大型ショッピング施設ららぽーと横浜があり、休日には家族連れでにぎわいます。北口から無料シャトルバスもでていますので、気楽に行くことができます。また駅前には鶴見川を渡る鴨池大橋がありますが、そこからの眺めは「関東富士見百景」に選ばれるほどです。その橋に平行してある鴨池人道橋では、毎年大量の鯉のぼりが欄干に飾られます。手作りの様々な鯉のぼりが川の上を泳ぐ姿は見ものです。川を渡ると大手の会社が広く敷地をとって軒を連ねる地域でもあります。町全体的に、明るく健全な雰囲気がただよいます。

(※表示の電車所要時間は日中平常時のものです。実際の所要時間は時間帯により異なります。また、乗り換えや待ち時間は含まれておりません。ダイヤ改正などにより変更になる事もあります。)

横浜市緑区鴨居の地域情報

鴨居は横浜市緑区の東端にあります。一丁目から七丁目まであります。町内の中心である鴨居駅周辺は工業地帯。鶴見川を挟んだ対岸は多くの工場が建設されています。

鴨居周辺は宅地開発が進んでおり、大規模なマンションや県営住宅団地の建設に積極的な地域です。住宅街としてのステータスが高く、対岸エリアである都筑区にまで鴨居の名を冠した物件があるほどです。

横浜市緑区鴨居のアクセス環境

地域の北側をJR横浜線が走っており、町内にある鴨居駅は停車駅。駅の利用者は年々増加傾向にあり、2014年発表の一日平均乗車人員(2013年度)によると、39,261人が利用しています。各駅停車だけでなく快速も停車。一駅で新横浜駅まで行けるため、通勤や通学での利用にも便利です。

南北を縦貫する道路として鴨池大橋が2003年に開通。これに伴いバス路線が新設され、公共交通機関によるアクセス環境は良好なものとなりました。また、慢性的な渋滞問題を抱えていましたが、橋の開通により問題の多くが解消。カーアクセスも不便なく利用できるようになっています。なお、晴れた日には富士山を眺めることができるため、ここからの景観は関東の富士見百景に選ばれています。

元気な商店街が魅力

緑区鴨居にある鴨居商栄会は地元密着型の商店街。商店街ではWEBサイトも立ち上げており、地元の広報物やイベント情報、各種スポーツ団体からのお知らせや市民の交流の場として機能しています。地域交流を促進する運動が進んでいますが、飲食店や美容院、医療機関など、さまざまな業種が協力して地元を盛り上げようという動きを見せています。

鴨居エリアは大手ショッピングセンターも進出していますが、商店街への客足は遠のいていないということが鴨居商栄会の魅力。地域に根差したお店が元気であり、地元の方とのふれあいが楽しめるでしょう。

地元との触れ合いが活発な住宅街

鴨居は人気住宅街。快速列車も利用できるだけでなく、鴨池大橋開通後は自動車での利便性も向上していることから、カーアクセスに優れており、単身からファミリーまで快適な暮らしが期待できます。

ショッピングも楽しいのが鴨居エリアの特徴。大手ショッピングセンターだけでなく、地元の商店街も盛り上がっており、地元の方との触れ合いが楽しめます。温かいコミュニティで暮らしたい方にはピッタリの地域です。

東急リバブルの不動産売却サービス

東急リバブルでは
様々なニーズに応じた豊富なサービスで
お客様の不動産売買をサポートします。

お客様の声
CONTACT

お気軽に
ご相談ください

山口 智充さん

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。