Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

路線価動向に関するデータ集

路線価の動向と変動要因は?東急多摩川線 矢口渡駅 周辺

矢口渡駅 周辺の路線価、近年の傾向は?

矢口渡駅周辺の、ここ数年の路線価の推移を見てみましょう。周辺の普通住宅地の10地点の路線価の平均値です。平成23年から24年にかけて、小幅ですが前年比ダウンとなりましたが、平成25年から横ばいが続いていました。しかし、平成27年には一転して前年比3.3%アップと高い上昇率を示し、平成23年の路線価を超えて31.7万円となりました。平成28年度は32.6 万円で、前年度の31.7 万円に比べ+2.8%と上昇しました。平成29年度は33.1万円で、前年度の32.6万円に比べ+1.5%と上昇しました。平成30年度は34.4万円で、前年度の33.1万円に比べ+3.9%と上昇しました。令和元年度は35.8万円で、前年度の34.4万円に比べ+4.2%と上昇しました。

(※路線価は百円の単位で四捨五入しています)

矢口渡駅 周辺、普通住宅地区10地点の路線価の平均値推移(グラフ)

<10地点の内訳> ※令和元年

借地割合:60% 10地点 
地区種別:普通住宅地区 10地点

(単位:千円) 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年
平均値 310.5 306.5 306.5 306.5 316.5 325.5 330.5  343.5 358.0
前年比 -1.3% 0.0% 0.0% +3.3% +2.8% +1.5% +3.9% +4.2%
最大値 360 350 350 350 360 370 370 390 400
最小値 270 270 270 270 280 285 290 295 310

※平均値の算出方法 国土交通省の路線価図より、対象の駅の駅舎と駅名が表示されている路線価図を基準とし、表示範囲内の相続税路線価のうち、地区種別が普通住宅地区に該当する10地点を選出し、それらの平均値を算出した。参考として、選出した10地点の路線価の最大値と最小値、平均値の前年比変動率も合わせて算出した。

[参考]
令和元年分 多摩川線 矢口渡駅 周辺の路線価図 (財産評価基準書|国税庁)[PDF]

東急多摩川線 矢口渡駅 周辺の路線価上昇の要因は?

1923年(大正12年)11月に開業した東急多摩川線矢口渡駅。駅名は1949年(昭和24年)まで駅近くにあった多摩川の渡し船の一つである「矢口の渡し」に由来しているといいます。

北側に環八通りがあり電車だけでなく車でのアクセスも快適な立地環境で、駅南側の矢口2丁目や第二京浜沿いの多摩川1丁目は一戸建て住宅を中心とした住宅街となっています。矢口渡駅から南に延びる商店街は昔懐かしい感じのこじんまりとした商店が多いものの業種が豊富で利便性は高いと評判です。また、東急多摩川線は通勤時でもあまり混雑せず、遅れも少なく天候に左右されないなど、利用者に好評なため、この地に住む人たちの定着率を上げる要因にもなっていると思われます。

矢口渡周辺の再開発はありませんが、開発が進む京急蒲田駅やJR線蒲田駅周辺の利便性向上の影響で、路線価も上昇傾向を続けると思われます。

(※本記事の内容は、2016年12月時点の情報に基づきます)

 

[関連情報:不動産鑑定士による不動産コラム] 
~東急リバブル不動産鑑定士が見る~「平成27年 相続税路線価」

不動産売却・査定のご相談は、東急リバブルへ

相続税路線価は公示地価の約8割が評価額の目安とされています。路線価は土地や一戸建てを売却するときの指標の一つではありますが、実際の査定価格は様々な要因を考慮して算出されます。

所有されている土地や住宅の売却を不動産会社に依頼する場合、手数料などの諸費用や手続きがわかりにくく、相談に踏み切れないというお話しをお聞きします。売却の際、税金・印紙代・引越費用などの諸費用が必要となってきますが、こういった点も気兼ねなご相談ください。また、不動産の売却によって譲渡益が発生するケースでは、所得税等の税金がかかってくる場合もございます。東急リバブルでは、税金や法律のことについても、無料で提携の税理士・弁護士に相談できる相談会を各店舗で実施しております(※)。まずは査定・相談からというご依頼もお待ちしておりますので、お気軽にご相談ください。

(※店舗により開催日程が異なりますので、お近くの店舗にお問い合わせください。事前予約制です)

 「税務・法律 無料相談 開催日一覧」

東急リバブルなら、無料で不動産の査定ができます。ぜひお気軽にお申し込みください

無料査定受付中

【お近くの店舗でも、売却や査定に関するご相談を承っております。お気軽にお立ち寄りください】

店舗> 蒲田センター 

0120-600-109 (フリーコール)
京浜東北・根岸線 蒲田駅 西口徒歩4分/東急池上線 蒲田駅 徒歩4分

東京都の都庁所在都市の最高路線価

東京都庁の所在都市である東京で、令和元年分の最高路線価がついた地点は、「中央区銀座5丁目 銀座中央通り」でした。 平成30年の対前年変動率は+9.9%と大きく上昇、令和元年の対前年変動率は+2.9%と昨年度に比べて抑えられたとはいえ、上昇が続いています。

[参考]
令和元年分_都道府県庁所在都市の最高路線価(全国)

所轄の税務署管内の最高路線価

多摩川線の矢口渡駅は、蒲田税務署管内です。蒲田税務署管内における最高路線価は、蒲田駅の 298万円/1平方メートル)で、変動率は前年比+9.2%でした。

蒲田税務署管内で最高路線価を記録した大田区西蒲田7丁目蒲田駅西口本通りのあるところは、JR線蒲田駅西口改札を出て、ロータリーを越えた多くの商業施設や飲食店が出店しているサンライズ通りのあるところです。

[参考]
令和元年分 京浜東北線 蒲田駅 周辺の路線価図 (財産評価基準書|国税庁)[PDF]

令和元年分 東京国税局各税務署管内における最高路線価 (対前年比率順、首都圏)

「路線価の動向と変動要因は? 東急多摩川線 矢口渡駅 周辺」に関連する記事

矢口渡駅周辺の地域情報

※下記に掲載されている情報は2014年〜2016年に作成されたものとなります。
 現在の状況とは異なる場合がございますのでご了承ください。

矢口渡駅の地域情報

東急多摩川線矢口渡(やぐちのわたし)駅は、JR東海道本線・京浜東北線とつながる蒲田駅から2分、東急東横線とつながる多摩川駅から8分の位置にあります。駅の北側には環状八号線が通り、通りを渡ると荏原高校通り商店街の入口が見えます。ここは学校や住宅と隣接しているためか優しい雰囲気の商店街で、街路が明るくきれいな印象です。駅の南側にも商店街が広がっており、大手スーパーもあります。人通りも多く、賑わいのある商店街です。商店街の端からしばらく歩くと、多摩川にぶつかります。ここはかつて駅名の由来となった「矢口の渡し」という渡船場があり、中世から多摩川大橋完成の1949年まで使われていました。渡船場は南北朝時代に活躍した新田義興(よしおき)を祀る新田神社があります。ほかにも歴史が感じられる散策場所は、駅の北側に智山派遍照院や安方神社、南側には多摩川諏訪神社や東福寺などがあり、矢口渡は庶民的な商店街の便利さとともに歴史を身近に感じる街です。

(※表示の電車所要時間は日中平常時のものです。実際の所要時間は時間帯により異なります。また、乗り換えや待ち時間は含まれておりません。ダイヤ改正などにより変更になる事もあります。)

東急多摩川線「矢口渡駅」の情報について

東京都大田区田園調布にある多摩川駅と、同じ大田区の蒲田駅を結ぶ東急多摩川線。かつて蒲田駅と目黒駅を結んでいた目蒲線が2000年に分割されて開通した、比較的新しい路線です。東急多摩川線矢口渡駅は蒲田駅から数えて1つめの駅となっています。

東急多摩川線「矢口渡駅」の周辺施設について

東急多摩川線矢口渡駅周辺にはマンションが多く、駅のすぐ近くにはスーパーマーケット、コンビニエンスストア、ドラッグストア、銀行、郵便局など、生活に欠かせない店舗や施設が集中しています。矢口渡商店街と荏原高校通り商店街の2つの商店街があり、どちらも昭和の趣を残す活気ある店が建ち並びます。保育園や小中学校が多数存在することに加えて図書館もあり、子育てしやすい街といえるでしょう。また蒲田駅界隈が歩いていける範囲にあり、大田区役所といった公共施設や蒲田東急プラザなどの利便性の高い商業施設が利用できることも大きな魅力です。さらに多摩川がすぐそばを流れていることも見逃せません。川の土手沿いには東急線多摩川駅から京急線天空橋駅まで続くサイクリングロードが整備されています。平坦な道のりで、初心者でも楽しむことができます。矢口渡駅の最寄りである多摩川大橋緑地をはじめとする公園や緑地がいくつもあり、休日には運動や遊びをする人たちで賑わいます。

東京都・神奈川県の両地域に良好なアクセス

東急多摩川線矢口渡駅は、蒲田駅まで1駅という好立地にあります。東急線で2分、徒歩なら20分で蒲田駅に到着します。蒲田は東急線・JR線の2線が走っている、東京南部の交通の要所です。東急やJRの蒲田駅からは少し歩いたところに京急蒲田駅があります。京急蒲田駅から京急品川駅までは約10分、羽田空港までは約15分前後となっています。また、JR蒲田駅から横浜駅までは約17分となっています。東京23区の中心部、東京の空の玄関、横浜方面、いずれへも極めて素早いアクセスが可能です。また車に目を移せば、環状八号線と第二京浜(国道1号線)の合流地点が存在することも大いに注目できるでしょう。都心にも神奈川方面にも出かけやすく、大変便利な立地となっています。

神話の時代に始まる、古い歴史のある街

このあたり一帯の矢口という地名は、かつてヤマトタケルが多摩川を渡る際にこの地で矢を放ったという伝承が由来となっています。また、南北朝時代には新田義貞の子義興がここで討たれ、住民が彼を祀って新田神社を創建しました。この新田神社は正月の縁起物に欠かせない破魔矢の発祥の地でもあります。「渡」の名前の通り、かつては渡し船で知られており、1949年に多摩川大橋が完成するまでは実際に渡し船が運航されていました。その多摩川大橋のそばにある「矢口の渡し跡」の石碑は大田区の重要文化財となっています。都市の新しさと古い歴史が交差する多摩川のほとりの街で、快適な暮らしを送ることができます。

東急リバブルの不動産売却サービス

東急リバブルでは
様々なニーズに応じた豊富なサービスで
お客様の不動産売買をサポートします。

お客様の声
CONTACT

お気軽に
ご相談ください

山口 智充さん

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。