Myリバブル

首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

路線価動向に関するデータ集

路線価の動向と変動要因は?武蔵野線 東川口駅 周辺

東川口駅 周辺の路線価、近年の傾向は?

武蔵野線 東川口駅 周辺の普通住宅地において、相続税路線価はどのくらいでしょうか。ここ数年の路線価の推移を表したグラフとともに見てみましょう。平成27年度の平均値は17.2万円で、16.9万円であった前年と比べると+1.5%と上昇しています。平成28年度の平均値は17.3万円で、前年度に比べ+0.6%と上昇しました。平成29年度は17.2万円で、前年度の17.3万円に比べ-0.6%と下落しました。平成30年度は16.9万円で、前年度の17.2万円に比べ-1.5%と下落しました。令和元年度は17.2万円で、前年度の16.9万円に比べ+1.8%と上昇しました。

(※路線価は百円の単位で四捨五入しています)

東川口駅 周辺、普通住宅地区10地点の路線価の平均値推移(グラフ)

<10地点の内訳> ※令和元年

借地割合:60% 10地点 
地区種別:普通住宅地区 10地点

(単位:千円) 平成23年 平成24年 平成25年 平成26年 平成27年 平成28年 平成29年 平成30年 令和元年
平均値 177.5 172.5 169.5 169.0 171.5 172.5 171.5  169.0 172.0
前年比 -2.8% -1.7% -0.3% +1.5% +0.6% -0.6% -1.5% +1.8%
最大値 185 180 180 180 180 180 180 180 180
最小値 170 165 165 160 165 165 165 150 155

 

※平均値の算出方法 国土交通省の路線価図より、対象の駅の駅舎と駅名が表示されている路線価図を基準とし、表示範囲内の相続税路線価のうち、地区種別が普通住宅地区に該当する10地点を選出し、それらの平均値を算出した。参考として、選出した10地点の路線価の最大値と最小値、平均値の前年比変動率も合わせて算出した。

[参考]
令和元年分 武蔵野線 東川口駅 周辺の路線価図 (財産評価基準書|国税庁)[PDF]

[関連情報:不動産鑑定士による不動産コラム] 
~東急リバブル不動産鑑定士が見る~「平成27年 相続税路線価」

不動産売却・査定のご相談は、東急リバブルへ

路線価は公示地価の約8割が評価額の目安とされています。路線価は土地や一戸建てを売却するときの指標の一つではありますが、実際の査定価格は様々な要因を考慮して算出されます。

東急リバブルでは、「不動産買取サービス」や「リバブル『空き家』相談」など、様々な売却関連サービスをご用意しております。地域に精通した経験豊富な営業担当者がサポートいたしますので、不動産の売却や査定をご検討の際は、ぜひ東急リバブルにご相談ください。

東急リバブルなら、無料で不動産の査定ができます。ぜひお気軽にお申し込みください

無料査定受付中

【お近くの店舗でも、売却や査定に関するご相談を承っております。お気軽にお立ち寄りください】

店舗> 川口センター 

0120-965-109(フリーコール)
京浜東北・根岸線 川口駅 東口徒歩2分

埼玉県の県庁所在都市の最高路線価

埼玉県庁の所在都市である「さいたま」で、令和元年分の最高路線価がついた地点は、「大宮区桜木町2丁目 大宮駅西口駅前ロータリー」でした。 平成30年の対前年変動率は+10.4%、令和元年の対前年変動率は+12.1%と、ここ2年間は10%を超えて大きく上昇しています。

[参考]
令和元年分_都道府県庁所在都市の最高路線価(全国)

「路線価の動向と変動要因は? 武蔵野線 東川口駅 周辺」に関連する記事

東川口駅周辺の地域情報

※下記に掲載されている情報は2014年〜2016年に作成されたものとなります。
 現在の状況とは異なる場合がございますのでご了承ください。

東川口駅の地域情報

東川口駅は埼玉県川口市にあるJR東日本武蔵野線と埼玉高速鉄道が乗り入れる駅で、相互接続が行われています。武蔵野線は南浦和駅、武蔵浦和駅、西国分寺駅、府中本町駅、南越谷駅、新松戸駅、西船橋駅などで東京都心から放射状に伸びる他路線と接続しています。西側は府中本町駅まで、東側は西船橋駅までが武蔵野線ですが、約半数の電車は京葉線快速となり、東京駅まで運行しています。東川口駅より武蔵野線で西船橋駅まで38分、舞浜駅まで51分、東京駅まで67分のアクセスです。さらに埼玉高速鉄道にて東京メトロ南北線の飯田橋駅まで36分、永田町駅まで42分、目黒駅まで56分のアクセスです。なお、武蔵野線は東京メガループの一部を構成しており、年々増加する利用客とともにダイヤも改善されています。朝のラッシュ時は約4~5分間隔、日中でも10分間隔で運転しております。また、埼玉高速鉄道は、朝のラッシュ時は約4~5分間隔、日中12分間隔で運転しており、いずれの路線も通勤通学の利便性が高い路線といえるでしょう。

(※表示の電車所要時間は日中平常時のものです。実際の所要時間は時間帯により異なります。また、乗り換えや待ち時間は含まれておりません。ダイヤ改正などにより変更になる事もあります。)

東川口の地域情報

東川口は埼玉県川口市の北東部の戸塚地区にあり、川口や蕨と並んで多くの商業施設が形成されている川口市の主要エリアです。川口市の最北端にありさいたま市と隣接しているため、さいたま市で働く方たちのベッドタウンとして発展しています。さらに川口市は荒川を挟んで東京都に接しており、都心から10キロから20キロという距離であるため都心へ通勤する方も数多く住んでいます。

平坦な地形となっているため住宅街の多いエリアで人口が増加傾向にありますが、東側の一部では田んぼなどの農地もあります。この農地ではブランド米も多く栽培されており、埼玉県を代表する農業地帯となっています。

東川口のアクセス環境

東川口には1973年にJR武蔵野線の駅である東川口駅が開業しました。武蔵野線は南浦和や西船橋など埼玉県内の主要エリアを結んでいるだけでなく、東京方面へも向かっているため朝や夕方の時間帯には多くの利用者で賑わっています。2001年には武蔵野線だけでなく埼玉高速鉄道が開通し、東京メトロの南北線と直通運転が行われているため、東京方面へのアクセス環境がより良好になりました。

また、このエリアはコミュニティーバスも充実しています。駅や学校、病院などを結ぶ「みんななかまバス」が走っており、地域住民の脚として利用されています。

サッカーファンに人気のエリア

東川口は川口市の中で特に都市計画道路が整備されています。特にエリアの南北を縦断するけやき通り沿いには商店街が並んでいます。東川口駅周辺にはデパートや家電量販店が並び、人口増加しているエリアであるため現在も開発が進められています。さらに冬季にはイルミネーションで彩られ、多くのカップルやファミリーが訪れています。

また、プロサッカーチームのホームスタジアムのサッカー場からも近く、試合当日にはサポーターの姿が多く見られます。ワールドカップなど国際試合のアジア予選なども開催され、2020年の東京オリンピックのサッカー競技会場にも選ばれています。

さいたま市や都心に近い

東川口はさいたま市や都心に近いエリアであるため、仕事や休日のショッピングで困ることはありません。しかし、都心に近いにも関わらず閑静な住宅街が広く形成されているため、落ち着いた生活環境を送ることができます。

また、人口が増加傾向にあるため開発が進んでおり、これからますます住みやすいエリアになることでしょう。

東急リバブルの不動産売却サービス

東急リバブルでは
様々なニーズに応じた豊富なサービスで
お客様の不動産売買をサポートします。

お客様の声
CONTACT

お気軽に
ご相談ください

山口 智充さん

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。