首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

よくある質問

中古マンションはリフォームして売却したほうがよいの?

転勤や家族構成の変化によって、ご所有されているマンションを売却することになった場合、築年が経過しているために室内の状態が気になるお客様もいらっしゃると思います。
その時に考えるのが、リフォームをしたほうが売却しやすいのでは?という点かと思います。ただし、リフォーム代もかかりますし、何をリフォームしてよいのかよくわからないというお客様が多いのではないでしょうか。

よくある質問_イメージ

リフォームは本当に必要?

リフォームをして販売活動を行った場合、見学の際の購入希望者の反応もよく、売却しやすくなるというメリットが考えられます。しかし、リフォームにはそれなりのまとまった費用が必要となるため、引越しや買換えを考えた場合、多くの費用をリフォームのために捻出するということは売却後の生活にも影響を与えてしまうことになります。

では、リフォームをしないで売却するという方法を取ることは可能なのでしょうか?

最近の傾向としては、中古マンションの購入を希望されているお客様の中で、個性を重んじて自らリノベーションをしたいというケースが以前よりも見られるようになりました。

よって、マンションのお部屋全体をリフォームしなくても需要があるため、リフォームは必ずしなくてはならないということではないと言えるでしょう。もし経年による傷や汚れが気になるようであれば、ハウスクリーニングや傷や剥がれの補修対応で十分かもしれません。

中古マンションを購入されるお客様は、お部屋の広さなども条件にされていますが、自分のライフスタイルにマッチするような周辺環境や立地を重視して探されているこだわり派が多い、という傾向もみられます。そういった面からみても、立地に関しての希望条件が叶えば、購入につながるという流れにもなりますので、あえてリフォームをしないで売却することは可能と言えるのではないかと思われます。つまり、リフォーム済みでない中古マンションのニーズもあるため、どうしてもリフォームをしなければいけない、ということではないということになります。

東急リバブルに寄せられた「よくある質問」

お客様の声
CONTACT

お気軽に
ご相談ください

山口 智充さん

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。