首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

よくある質問

重要事項説明って何ですか?

契約とは、簡単に言ってしまえば関わる者同士の約束といえます。ただ、簡単な約束事であればそれを果たすことができなかった場合でも、法律上の罰則が生じることはありませんが、契約の場合は、法律上の観点から実行することに強制力が与えられ、実行できなかった場合には契約違反とみなされ、罰則が生じることとなります。

不動産の売買に関しては、売買契約を締結し、売主様・買主様には、契約を実行する義務が生じてきます。後々大きなトラブルに発展してしまう可能性もあるため、きちんと売買契約を交わしておくことが必須となってくるわけです。

売買契約の締結にあたり買主様・売主様に物件及び取引条件等について重要事項説明をいたします。このページでは、重要事項説明についてお伝えいたします。

よくある質問_イメージ

重要事項説明への臨み方

売主様・買主様双方で条件が合致したら、まずは不動産会社の宅地建物取引士より重要事項説明が行われます。ここで対象となる不動産や取引に関する全ての内容が説明されることとなり、売主様・買主様双方が納得・理解した上で売買契約へ進んでいただくことになります。

この重要項目説明は、宅地建物取引業法上、不動産業者の宅地建物取引士が、売主様・買主様に対して説明することが義務付けられています。売主様・買主様にとり売買契約を結ぶ上ではとても大事なものですので、事前にしっかりと内容を把握し確認しましょう。不明点はもちろんその場でお答えさせていただきます。不動産の仲介会社は売主様と買主様の橋渡しをお手伝いさせていただくのが役割です。スムーズな売買契約となるよう、全力でサポートさせていただきます。

宅地建物取引士が責任をもってご説明します

東急リバブルでは宅地建物取引士の資格を持った営業担当者が責任をもって重要事項説明を行い、売主様・買主様が納得された上で売買契約を締結させていただきます。説明を行う宅地建物取引士は、不動産の知識を持ち合わせていることはもちろんのこと、取引の対象となる不動産の内容も熟知しておりますので、疑問点や質問がある場合は遠慮無く申し出ていただければと思います。

なお、重要事項説明書には、登記簿に記載されている権利関係、将来建替え時の法的制限、売買代金の支払い方法、万一契約が解除になった時の規定などが記載されています。

blue allow 不動産取引の重要事項説明書サンプル(FRK標準書式、PDF)

よくある質問_イメージ

東急リバブルに寄せられた「よくある質問」

お客様の声
CONTACT

お気軽に
ご相談ください

山口 智充さん

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。