首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

初心者でもわかる不動産売却

マンションなどの不動産の購入・売却時の資金計画って何?

理想のマイホームを実現するために、マンションや一戸建てなどの不動産を購入することは人生最大の買い物といっても過言ではありません。その際、ほとんどのお客様が住宅ローンを組むことになりますので、借入額・返済期間・月々の支払い額・住宅ローンのプランなどについて長期的な資金計画を検討することも必要です。また、購入の際には、不動産の購入価格以外にも税金などの諸経費がかかってくることとなります。資金計画を考える場合にはこうした費用も経費としてかかってくることを念頭においておく必要があります。
ここでは不動産購入時、売却時の資金計画について説明していきます。

不動産購入の資金化計画のイメージ

不動産購入時の諸経費は?

不動産購入時の諸費用の合計は、購入する物件によって異なりますが、購入価格の約7~10%前後が目安と考えられています。したがって、3,000万円の物件を購入する場合、初期に必要な資金は3,210~3,300万円程度となります。約7~10%とはいっても、住宅の価格に対してなので、ある程度まとまった額が必要です。

最近は諸経費用のローンもありますので、そういった商品に関する質問も合わせて不動産会社にしてみるとよいでしょう。

資金計画に関することももちろん、経験豊富な東急リバブルの営業担当者にご相談ください。お客様のご希望や状況を把握し、適切なご提案をさせていただきます。

blue allow不動産売買の資金計画と自己資金について詳しく知る

必要経費は事前に把握しておきましょう

一方、お手持ちのマンションや一戸建て、土地などの不動産を売却し購入費用に充当される場合、売却代金から売却される物件の借入金や仲介手数料等の売却諸費用を差し引き、買替え後の物件にいくら充当できるかを把握していただくことが重要です。

売却によって譲渡益が発生するケースでは、譲渡所得税等がかかる場合がありますので、その点も注意しておきましょう。また、居住するまでに必要な資金には、物件価格、諸費用の他に火災保険料、お引越し費用、リフォーム費用・増改築費用・ハウスクリーニング費用、家具や家電等の購入費用など様々なものがあります。

ご所有されている物件の売却がスムーズに進み、買換えする物件の購入が決まったとしても、資金に関して何かが抜けていた場合、予定が狂ってしまうことにもなり兼ねませんので、事前に東急リバブルの営業担当者にヒアリングするなどして、スムーズに進むようにしておきましょう。

東急リバブルでは資金計画からスケジュールのご提案まで幅広くマンション、一戸建て、土地とあらゆる物件でのお手伝いをお客様の立場に立って全力でさせていただきます。

必要経費は把握イメージ

不動産売却の初心者必見!よくあるお困りごと一覧

お客様の声
CONTACT

お気軽に
ご相談ください

山口 智充さん

マンション、土地、一戸建の居住用不動産のほか、投資用不動産や、事業用不動産もお任せください。
また、権利関係の難しい借地権や底地権などの不動産についてもお気軽にご相談ください。