住まいの税金

印紙税

印紙税は、不動産の売買契約書、建物の建築請負契約書、借入のための金銭消費貸借契約書、領収書などの課税文書を作成した場合に課税される国税です。作成した文書に所定の収入印紙を貼付し、消印を行い納税を...

>「印紙税」についての詳細は、こちらをご覧下さい
登録免許税

不動産の登記、抵当権の登記などを行う際に課税されるのが登録免許税です。登記とは、土地や建物などの財産について、その所在地や面積などの物理的な要素や、所有者や担保権者の氏名や住所などの権利関係の要素を...

>「登録免許税」についての詳細は、こちらをご覧下さい
不動産取得税

不動産を取得した個人及び法人には、不動産取得税が課税されます。ただし、相続による不動産の取得については、不動産取得税は課税されません。不動産の取得とは、有償無償を問わず...

>「不動産取得税」についての詳細は、こちらをご覧下さい
所得税の住宅ローン控除

新築・中古住宅を借入金をもって取得した場合、又は増改築・リフォームをした場合には、その借入金の年末残高に一定の控除率を掛けた金額を10年間のうち一定の要件を満たす年分の所得税額(控除しきれない場合には...

>「所得税の住宅ローン控除」についての詳細は、こちらをご覧下さい
贈与税

贈与税は、個人から原則として年間110万円を超える財産をもらった場合に、その財産をもらった人が課税される税金です。また、一定の財産については非課税となっており、香典や見舞金、扶養義務者からの生活費や...

>「贈与税」についての詳細は、こちらをご覧下さい
固定資産税・都市計画税

固定資産税・都市計画税は賦課期日(毎年1月1日)の固定資産(土地、家屋、償却資産)の所有者に対し、市区町村(東京23区は都)が課税する税金です。仮に、1月2日以降に所有権の移転が行われても、納税義務者は...

>「固定資産税・都市計画税」についての詳細は、こちらをご覧下さい
譲渡所得の基本的計算

個人が不動産の売却したことによる譲渡益は譲渡所得として、他の所得(給与所得や事業所得など)と分離し所得税と住民税が課税されます。また、一定の売却損は他の所得と相殺することによって所得税と住民税の減額をすることが...

>「譲渡所得の基本的計算」についての詳細は、こちらをご覧下さい
居住用財産の譲渡所得の特例(譲渡益の発生)

居住用財産を譲渡した場合には、新たに居住用財産を取得しなければならないため、その譲渡代金について、自由に処分することはできません。したがって、居住用財産の譲渡による所得は担税力がないため、課税を緩和する様々な特例が...

>「居住用財産の譲渡所得の特例」についての詳細は、こちらをご覧下さい
居住用財産の譲渡損の損益通算と繰越控除

不動産の売却により発生する損失は原則として給与所得や不動産所得などの他の所得との損益通算が認められません。(不動産の譲渡益と譲渡損の...

>「居住用財産の譲渡損の損益通算と繰越控除」についての詳細は、こちらをご覧下さい
相続した空き家に係る居住用財産の3,000万円特別控除

相続から3年目の年末までに、被相続人の居住の用に供していた家屋を相続人が、その家屋(耐震性のない場合は耐震リフォームをしたものに限り、その敷地を含む)又は...

>「相続した空き家に係る居住用財産の3,000万円特別控除」についての詳細は、こちらをご覧下さい

Q&A よくあるご質問