東急リバブルの無料不動産なんでもネット相談室 不動産に関するご相談に“中立的な”視点でお答えします。

ご相談方法:メールのみの対応となります   回答までのお時間:ご相談内容により異なります

不動産用語辞典

  • 不動産に関するご相談はこちら
  • 過去の不動産に関するご相談はこちら
  • 不動産に関するご相談はこちら
  • 過去の不動産に関するご相談はこちら
  • 不動産に関するご相談はこちら
  • 過去の不動産に関するご相談はこちら

東急リバブルの「不動産なんでもネット相談室」は、当社でのお取引の有無にかかわらず、どなたでも(個人・法人・宅建業者問いません)無料でご利用いただける不動産相談窓口です。不動産に関するご相談に中立的な視点でお答えします。 ※ご相談内容によっては回答ができかねる場合や、専門家のご紹介をご提案させていただくこともあることをご了承ください。
※当サイトの利用に際して利用者が何らかの損害を被ったとしても、東急リバブル株式会社は、いかなる民事上の責任を追うものではありませんので、ご了承ください。

不動産に関する新着のご相談(一部抜粋)

義理の父が先日亡くなり、所有していた土地および建物の(義理の父から義理の母への)所有者移転登記をする予定でしたが、法定相続人(義理の母、義理の兄、私の家内)の話し合いの結果、売却を検討しております。
売却する場合、売却前に所有者移転登記が必要でしょうか?義理の父の名義のままで売却可能なら、移転登記は無駄になるような気がしております。ご回答の程、よろしくお願いいたします。

不動産に関する新着のご相談内容をもっと見る

隣の土地が私の土地に20センチ入りこんでいます。60年まえからこういう状態でしたが、最近になってお隣さんから20センチの土地の返還を求められ困惑してます。今まで私の土地だと思っていたため困惑してます。 解決方法はないですか?

不動産に関する新着のご相談内容をもっと見る

会社員です。実家の近くの賃貸マンションに住んでいます。今回、実家の隣家が売りに出されたため、購入すべきかどうか迷っています。土地は35坪程度で家屋は某住宅メーカーのもので築26年です。まずその価格自体が相場よりも高く売り出されております。リフォーム費用を見積もったところ結構な価格になりました。東京の地価の下落など勘案すると、尚更購入すべきか否か迷っています。場所は東京都内の閑静な住宅地であまり物件が出ない希少性が高いところです。家族は4名で、私自身の稼ぎからローン返済上の問題はありません。ただ、損はしたくないのとこの買い物が世間一般的に妥当であるのか第三者の意見を聞きたいのです。当然、両親は隣に長男家族がくるので喜び、購入してほしいという希望があります。

不動産に関する新着のご相談内容をもっと見る

不動産に関する個人・法人のお客様から以下のようなご相談が寄せられています(一部抜粋)

土地に関して

隣の土地を購入したいと考え、法務局で登記事項証明書を取得し所有者の住所を調べ手紙を送りましたが、住所が違うらしく手紙が戻って来ました。
相場は1坪1万円程度の場所なため、40万円でも高い土地なのですが手離してくれそうにありません。 何かよい方法はありますか?
あまり無理に押しても「あなたにだけは売らない」とへそを曲げられても困ります。

不動産に関する新着のご相談内容をもっと見る

不動産取引に関して

中古マンションを探していていたところ先日、いい物件があったので内覧したのち1日考えて購入の意思を不動産会社に電話で伝えました。
次の日に銀行のローン申請と購入希望の書類を書いて次の日曜日に自宅で説明等を受ける予定でしたが、他に魅力的な物件がみつかりキャンセルしたい旨を伝えると、「出来ない。賠償等の話しになる」と言われました。手付金もまだ支払っていないですが、キャンセルは難しいのでしょうか?

不動産に関する個人・法人のお客様からのご相談内容をもっと見る

その他

私は両親と絶縁した未成年です。賃貸かマンスリーでお部屋を探しています。契約に必要な金額を分割払い対応できるところが希望です。
保証人なし、未成年でもお部屋を借りることは可能でしょうか?

不動産に関する個人・法人のお客様からのご相談内容をもっと見る

宅建業者様から以下のようなご相談が寄せられています(一部抜粋)

売主が“国”の不動産を仲介する場合、売主および仲介業者に宅建業法は適用されないか?
仲介業者には適用されます。
宅建業者である買主が、重要事項説明について「時間もないし、内容は確認してあるので説明しなくてもよい」といわれているが、問題ないか?
引渡後再販が思うようにいかない買主さんが、「重要事項の説明を受けていない、宅建業法違反だ。」と苦情申立てた事例もございます。
→しっかりと主任者証を提示の上、説明してください。
買主様が契約履行期間中に亡くなってしまった。
早急に相続人を特定していただき、相続人全員の意思を確認してください。

不動産に関する宅建業者様からのご相談内容をもっと見る

  • 不動産に関するご相談はこちら
  • 過去の不動産に関するご相談はこちら
  • 不動産に関するご相談はこちら
  • 過去の不動産に関するご相談はこちら
  • 不動産に関するご相談はこちら
  • 過去の不動産に関するご相談はこちら