住宅ローンの基礎知識 住宅ローンを知ろう

  • 住宅ローン
  • 金利の3タイプ
  • 返済方法
  • 借入れできる額
  • 住宅ローン手続きと購入の流れ

住宅ローンについて

住宅購入と住宅ローン

「人生の3大資金」の一つといわれている住宅購入には、多額の資金が必要となります。そのため、不動産を購入する際に、住宅ローンを利用するというケースが想定されます。
住宅ローンは金融機関等によって、金利タイプ、金利、返済方法、返済期間やサービス、システム面にいたるまで様々な商品が提供されています。現在の住宅ローン金利は低金利となっており、比較的借りやすい・返済しやすいものとなっておりますが、返済期間は長期にわたるものとなります。ご自身のライフプラン・ライフステージにあった住宅ローンを選ぶためには、住宅ローンに関する知識が必要となります。

融資機関

住宅ローンは取り扱っている機関によって、大きく「公的住宅ローン」と「民間住宅ローン」の二つに分けられます。
公的住宅ローンは比較的有利な金利ですが、借入限度額などの制限があります。民間住宅ローンの借入限度額は高い反面、個人の融資審査は厳しいなど、それぞれ特徴があります。
また、民間住宅ローンは各々キャンペーン金利を設定するなど、同タイプの住宅ローンでも適用金利に差がある場合があります。

  融資機関
公的住宅ローン 財形住宅融資、自治体融資
民間住宅ローン 銀行等(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫など)
一部の保険会社、JA(農協)、住宅ローン専門会社、ネット銀行、ノンバンクなど
その他 社内融資、公務員共済など

借入条件

金融機関等は住宅ローンの融資に対し、いろいろな条件を定めています。融資の申込人や購入の不動産物件の条件、融資金額や融資期間等の借入れに関する条件などです。

民間金融機関の住宅ローン借入れ条件例
項目 取扱基準等
資金使途 住宅の新築・購入・増改築
融資対象者 次の条件を満たす個人
  1. 融資実行時の年齢が満20歳以上70歳未満。完済時満80歳以内
  2. 前年度税込年収100万円以上
  3. 返済率が25%〜40%以内
  4. 団体信用生命保険に加入できる
担保基準 一戸建ての場合は土地面積50m²以上。マンションの場合は専有面積40m²以上
違法建築は不可。借地権は別途相談
融資金額 50万円以上1億円以内(10万円単位)
金利タイプと融資期間
  • ・変動金利型:1年以上35年以内
  • ・固定金利期間選択型(2年・3年・5年・10年):35年以内
  • ・固定金利型:10年以上35年以内
融資割合 原則、売買価格の90%以内 ※1
返済方法 元利均等返済または元金均等返済、ボーナス併用返済可
保証会社 ○○○○信用保証株式会社
連帯保証人 原則不要(ただし、保証会社が必要とした場合は要)
諸費用 事務手数料32,400円(消費税込) ※2
保証料 必要(別途規定による) ※3
担保 住宅・土地に抵当権設定
団体信用生命保険 加入必要

※上記内容は金融機関によって異なります。詳しくは借入れ予定の金融機関にご確認ください。

  • ※1 : 金融機関により80〜100%以内
  • ※2 : 金融機関等により異なる
  • ※3 : 保証会社により異なる