• 不動産コラム・ニュース
  • 税制
  • 法律・制度
  • 鑑定士コラム
  • 市況・マーケット
  • 不動産ニュース
不動産ニュース/不動産の取引件数やマンション供給といった市況や業界動向などのニュースをお届けいたします。

フラット35、団信付き金利1・36%など

(2017年10月3日)

 住宅金融支援機構が2日に公表したフラット35取扱金融機関が適用する10月の融資金利は、フラット35(買取型)の「返済期間21年以上35年以下」(融資率9割以下)の融資金利幅が1・36〜1・97%。取扱金融機関が提供する金利で最も多い金利は、1・36%となった。また、「返済期間21年以上35年以下」で融資率9割超の場合の融資金利幅は1・80〜2・41%。取扱金融機関が提供する金利で最も多いのは、1・80%となった。なお、今月申込み分から、フラット35(買取型)は、新機構団体信用生命保険制度の加入に必要な費用を月々の支払いに含めた商品となる。

(提供:日刊不動産経済通信)