Support

成長サポート・待遇

教育・研修

  • 新人研修
  • 階層別研修
新人研修
新人研修

不動産のプロフェッショナルを育成

新人研修

高額な商品である不動産を適切に取り扱い、お客様に安全な取り引きと期待以上の満足をご提供するために、東急リバブルでは人材の育成に特に力を入れています。
社員一人ひとりが不動産のプロとしての技能を高めるとともに、質の高いビジネスマナーや接客スキルを身につけることを目的とした体系的な教育研修プログラムを取り入れています。
新入社員導入研修から、職場でのOJT、管理職研修、自己啓発の支援まで、すべての社員が“お客様評価NO,1”になることをめざして自己研鑽に取り組んでいます。
この東急リバブルの研修プログラムは、その充実した内容から外部の評価もいただいています。2007年度には「能力開発優秀企業賞」の本賞を受賞しました。
また、流通事業本部が主体として行っている育成プログラム『虎の巻プロジェクト』が、「お客様満足」を基点に考え、行動できる社員の育成イノベーションとして2018年度に「日本HRチャレンジ大賞」の大賞を受賞しました。

能力開発優秀企業賞

能力開発優秀企業賞

企業内の能力開発活動を通じて、体質が改善・強化された優秀な企業を表彰することにより、産業界に能力開発のあり方を広く普及することを狙いとして、社団法人日本能率協会が1988年に創設。

日本HRチャレンジ大賞

日本HRチャレンジ大賞

■「日本HRチャレンジ大賞」とは
『人材領域の果敢なチャレンジが日本社会を元気にする』をキャッチフレーズに、人材領域で優れた新しい取り組みを積極的に行っている企業を表彰するものです。経営層や人事部門等が人材領域で積極的にチャレンジする企業を表彰することで、日本社会の活性化を促すことを目的としています。
主催:「日本HRチャレンジ大賞」実行委員会
後援:厚生労働省、東洋経済新報社、ビジネスパブリッシング、HR総研(ProFuture)

内定段階での「宅地建物取引士」資格の取得研修に始まり、入社後は全エリア・全職種の新入社員を対象とした新卒導入研修を実施。配属後は指導員に任命された先輩社員によるマンツーマンでのOJTを開始。その後も同期全員が集まってのフォロー研修や、職種に応じて体系的な研修を実施していきます。

不動産のプロフェッショナルを育成

階層別研修

当社では、新人社員研修から管理職研修まで幅広い年代に対して研修を行っています。
そのスキルとタイミングに応じた研修への参加が必須となります。

事業部門別研修

配属された部署によって、必要なスキルや求められる役割は変わります。
それを学んで頂くための研修も用意しています。

自己啓発支援

社員自ら学ぶ姿勢を支援する制度です。
認定資格は、不動産に関連する資格のほか、TOEICや日商簿記検定、ビジネス実務法務検定試験など多種多様。
試験合格者に対して、奨励金・受験料の負担や取得費用の一部負担などを実施しています。

職場研修(OJT)

研修で学んだことを生かす実践の場です。経験を積むことにより優秀な営業担当者に近づいていきます。また、当社では新人指導員制度がありますので、先輩社員と二人三脚で一人前を目指していく環境があります。

宅地建物取引士資格

宅建合格率

不動産のプロとして、『期待を超えるひとつ上のお客様満足』を提供するために、「宅地建物取引士」資格の取得は当然と位置付けています。人事処遇面でも「主任」以上に進級するためには、資格取得は必須条件です。資格取得支援策として、内定段階から週1回の宅建勉強会・強化合宿・補講等を実施しています。社員に対しても週1回の宅建勉強会・夏期講習・直前集中講座・直前自習合宿等を実施し、2017年度においても全国合格率15.6%を大きく上回る結果となりました。

宅建合格率推移(業界・全国比較)
階層別研修
階層別研修

キャリアに対応した体系的研修も充実

新卒導入研修からスタートし、中堅社員、さらには管理職を対象としたプログラムまで、キャリアや職種に応じた研修を体系的に実施しており、不動産ビジネスに役立つ資格取得や通信教育など、自己啓発のバックアップも行っています。

不動産のプロフェッショナルを育成

pagetop