首都圏
  • 閲覧履歴

  • 保存した検索条件

    最近検索した条件

番町

希少性の高いエリアで価格も高値安定

番町エリアについて

番町エリアの概要

番町エリア

誰もが憧れる番町アドレス。東京都千代田区の一番町から六番町までを指します。
江戸時代、将軍を直接警護する旗本を大番組と呼び、大番組の屋敷が並んでいたため一帯が「番町」と呼ばれるようになりました。その大番組には一番組から六番組まであり、一番組の屋敷があったところが一番町、二番組の屋敷地が二番町と、それぞれにそのまま受け継がれています。
皇居にもほど近く、都心中の都心でありながら、かつての武家屋敷の名残から一区画当たりの面積が広く、明治以降も政財界人、文化人が住むお屋敷街として受け継がれてきました。お屋敷の緑のほか、公園や大使館などの施設も多く、千代田区でも最も緑豊かな住宅地といっていいでしょう。
もともと、一区画が広いため、周辺の区画を合わせるとマンション建設も可能。しかし、駅前などを除いて住居地域なので、さほど高いマンションは建てられず、中低層の富裕層向けマンションが分譲されてきました。通りによって、大手不動産会社の有名ブランドマンションが何棟も建ち並んでいるエリアもあるほどです。
しかし、それでも人気に供給が追いつかないため、新規物件が出れば着実に完売し、中古マンション市場でも分譲時価格より高値で取引きされる物件が少なくないようです。

エリア紹介

番町周辺は桜の名所が連なっている

市ケ谷駅から外堀公園の桜並木
市ケ谷駅から外堀公園の桜並木

番町エリア内には、東京メトロ有楽町線の「麹町駅」、東京メトロ半蔵門線の「半蔵門」駅などもありますが、まずは周辺部にあるJR中央線・総武線「市ケ谷」駅からスタートします。
というのも、この「市ケ谷」駅を起点に番町エリアを囲むように桜の名所が連なっているのです。春の桜満開の季節だけではなく、初夏から夏にかけての豊かな緑、そして秋の紅葉と見どころがたっぷりです。
市ケ谷駅からまず外堀公園の桜並木に入ってみましょう。夏でも桜の古木が涼しい木陰を提供してくれます。そのなかをしばし歩むと、やがて左手に外堀が開けます。外堀公園の桜並木だけではなく、対岸の外堀通り沿いの桜並木も臨むことができます。近景、遠景に桜が波打つ、都内でも屈指の花見スポットです。
そのままJR「飯田橋」駅まで歩いて、九段方面に上がっていくと、靖国神社、千鳥ヶ淵といった桜の名所が続きます。番町に住めば、こうした桜の連環を、交通機関を利用することなく自分の足だけで楽しめるのです。
さて、桜巡りはいったん停止、マンション巡りのために「市ケ谷」駅方面に戻りましょう。実は、「市ケ谷」駅前の三菱東京UFJ銀行の脇を入って、日本棋院前の坂道を上った先に、人気の高い3つのマンションが並んでいるのです。

マンション紹介

ルクセンブルグハウス
~ 1階が大使館、最上階が大使公邸の希少なマンション ~

ルクセンブルグハウス
ルクセンブルグハウス

マンションの名前が「ルクセンブルグハウス」で、エントランスには脇にはルクセンブルグ大公国の国旗がはためいています。そう、この「ルクセンブルグハウス」の1階はルクセンブルグ公国の駐日大使館で、最上階の12階は大使公邸、そして2階から11階が分譲マンションになっているのです。
最近では、カナダ大使館、フランス大使館のように、大使館を再開発してオフィスやマンションにする例もありますが、同じ建物内に大使館、公邸、分譲マンションがあるのはたいへん珍しいケースでしょう。大使館らしく、エントランスには車寄せがあり、フロントではコンシェルジュがきめ細かなサービスを提供してくれます。
建物は2003年2月の竣工で、鉄筋コンクリート造地上12階・地下1階、総戸数は87戸です。三菱地所と神鋼興産が分譲、設計は三菱地所設計、施工は鹿島建設です。
住居の専有面積は65.60㎡~198.97㎡で、間取りは2LDK~4LDKですから、ファミリーでもゆとりの広さを求める世帯に向いているかもしれません。
最寄り駅はJR中央・総武線「市ケ谷」駅が徒歩3分、東京メトロ有楽町線・南北線「市ケ谷」駅が徒歩2分です。

マンション紹介

番町パークハウス
~ 池と庭園を満喫できるガーデンテラスが ~

番町パークハウス
番町パークハウス

「ルクセンブルグハウス」の東隣にあるのが、「番町パークハウス」。通り側からエントランスを覗くだけでは分かりませんが、実は敷地内に広いガーデンテラスがあり、豊かな緑に覆われています。ダイニングサロン、バーカウンター、キッチンも併設されているので、池や庭園を眺めながら、ホームパーティーを楽しんだりもできます。ワンランク上のゆとりある都心生活を満喫できそうです。
2007年2月に竣工、建物の構造は鉄筋コンクリート造の地上17階・地下2階で、総戸数は128戸です。大林組の施工で、三菱地所が分譲しました。
専有面積は55.92㎡~265.79㎡、間取りは1LDKから4LDKです。ゆとりを求めるディンクスから、ファミリーまでいろんなライフステージ、ライフスタイルに合った住まいが探せそうです。
なお、最寄り駅はJR中央線・総武線の「市ケ谷」駅、東京メトロ有楽町線・南北線・都営地下鉄新宿線の「市ケ谷駅」で、ともに徒歩時間は3分です。ほかに、東京メトロ有楽町線「麹町」駅が徒歩7分、東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅徒歩8分など、徒歩8分以内で、JR各線や地下鉄を使い分けることができます。

マンション紹介

ブランズ四番町
~ お屋敷のようなアプローチとエントランス ~

ブランズ四番町
ブランズ四番町

さらに、「番町パークハウス」の東隣には、「ブランズ四番町」があります。「番町パークハウス」が建物の奥にガーデンテラス配しているのに対して、「ブランズ四番町」は通りからアプローチをたっぷりととって、その先にゲートを設け、さらにその奥にエントランスを設置する配置計画になっています。
そのため、エントランスまでの緑が豊富で、番町にふさわしいお屋敷感を味わうことができます。
建物は2014年2月の竣工で、鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造)の地上15階・地下1階、総戸数は165戸となっています
分譲は東急不動産で、東急リバブルが販売にあたり、管理は東急コミュニティーと東急不動産グループで一貫しているので、買う人、住む人にとっては何かと安心感があるのではないでしょうか。ちなみに、施工は大手ゼネコンの清水建設でした。
交通アクセスをみると、東京メトロ有楽町線・南北線の「市ケ谷」駅が徒歩3分、JR中央線・総武線の「市ケ谷」駅が徒歩4分、東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅が徒歩7分です。

エリア紹介

文化人や外国人が多く住んだ街の名残も

東郷公園
東郷公園

3つの人気マンションから東に進むと、日露戦争でロシアのバルチック艦隊を破った東郷平八郎を記念した「東郷元帥記念公園」があります。かつて東郷元帥の邸宅があった場所で、いまとなっては詳しい経緯はわかりませんが、元帥没後に当時の東京市に寄附されて、公園になったようです。
その公園の横の坂道が「東郷坂」。この坂をいったん下った後に上れば、「番町文人通り」に至ります。都心にありながら静かな環境、豊かな緑が残ることなどから、かつては島崎藤村、泉鏡花、与謝野晶子など多くの文人が居を構えたそうです。
文人通りから、大妻女子大学にちなんだ大妻通りに出て少し半蔵門方面に進むと「パークハウス三番町」が見えてきます。

マンション紹介

パークハウス三番町
~ バカラのシャンデリアがあなたをお出迎え ~

パークハウス三番町
パークハウス三番町

パークハウス三番町」は、ガラスとシックなタイルをうまく組み合わせた外観が重厚感を演出。エントランスに入ると、バカラ製のしっとりときらめくシャンデリアが住む人や訪れる人を出迎えてくれます。もろん、24時間の有人管理と、コンシェルジュによる充実のフロントサービスが提供されています。
各種セキュリティシステムが整備されているのはもちろんですが、隣のビルに「五味坂交番」があるのもちょっとした安心材料です。
さて、その「パークハウス三番町」の建物は2008年1月の竣工で、構造は鉄筋コンクリート造の地上14階・地下1階、総戸数は67戸です。三菱地所とエヌ・ティ・ティ都市開発が分譲、施工は銭高組です。
住居の専有面積は59.37㎡~130.96㎡で、間取りは1LDK~3LDKとさまざまなニーズに対応できそうです。
なお、「パークハウス三番町」の最寄り駅は東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅の徒歩3分で、東京メトロ有楽町線「麹町」駅徒歩9分、JR中央線・総武線「市ケ谷」駅が徒歩13分などとなっています。

エリア紹介

番町周辺でまだまだ続く緑と桜の回廊

英国大使館
英国大使館

三番町から五味坂を下って、内堀通りに出れば、「墓苑入口」の交差点。そのまままっすぐ進めば千鳥ヶ淵墓苑や桜の名所の千鳥ヶ淵公園になります。また、左に折れると、正面には靖国神社があり、こちらもやはり桜の名所であり、東京都の開花宣言を決める標本木があるのは周知の通りです。
内堀通りを右手に折れて、半蔵門方面に向かいます。その途中には広大な敷地を有する英国大使館があります。ここもやはり立派な桜の木があってシーズンには花見客の列が絶えません。大使館前を過ぎれば間もなく新宿通り。東京メトロ半蔵門線の「半蔵門」駅はすぐそこですし、しばらく歩ければ東京メトロ有楽町線の「麹町」駅もあります。

※この記事は2016年07月の情報を元に書かれています。

住宅ジャーナリスト 山下和之(やました・かずゆき)

ライター紹介

住宅ジャーナリスト 山下和之(やました・かずゆき)

1952年生まれ。住宅・不動産分野を中心に、新聞・雑誌・単行本・ポータルサイトの取材・原稿制作のほか、各種講演・メディア出演など広範に活動。主な著書に『家を買う。その前に知っておきたいこと』(日本実業出版社)、『住宅ローン相談ハンドブック』(近代セールス社)などがある。

今回取り上げたマンションの一覧

みんなの番町のイメージ

  • オフィス街の様に見えるが、実はマンションが多く、学校などもあり、高所得者層のマンション住宅街というイメージ。(女性40代)
  • いくつも公園があって、憩いの場になっている印象がある。(男性50代)
  • 近くに皇居や警視庁本部があるのでとても治安が良いイメージ。(男性30代)
  • ほどよい賑やかさがある一方、洒落た個人店舗が複数あり、落ち着ける環境が整っているイメージ。(男性30代)
  • 時代を感じるところでもあるが、高級住宅街でもあるイメージ。一度は住んでみたい。(女性30代)
  • 山の手地域を代表する高級住宅街というイメージ。(男性30代)
アンケート期間:
2016年9月1日から10月4日
アンケート実施機関:
調査企画(株式会社ジラフ)/調査実施(株式会社クラウドワークス)
回答サンプル数:
10件
質問内容:
番町エリアのイメージを教えてください。

みんなが住みたい番町のマンション

アンケート期間:
2016年9月1日から10月4日
アンケート実施機関:
調査企画(株式会社ジラフ)/調査実施(株式会社クラウドワークス)
回答サンプル数:
12件
質問内容:
物件情報サイトを見て、住みたいと感じるポイントを教えてください。

近隣のマンションを検索する

番町エリアの店舗情報

赤坂センター

赤坂センター

TEL
0120-937-103
営業時間
10:00~18:00
定休日
毎週火曜日・水曜日
住所
〒107-0052 東京都港区赤坂6丁目
3-20 ハットビル2F
アクセス
東京メトロ千代田線「赤坂」駅
6番出口 徒歩1分